忍者ブログ
連作「天涯の遊子」の読み切り短篇。高桂篇。
高杉と桂。攘夷戦争(敗戦)以降、桂の江戸潜伏まえ。
連作的には山科潜伏期の終盤。

(企画『桂花美人』さま2月お題「梅」に掲載)



 凛として、仄かな香気はかのひとを思わせる。

 ふたりが潜伏する山科の隠れ家の中庭に、風変わりな梅の古木があった。
 紅梅白梅がおなじ一本の木にそろい咲くさまは、さながら舞い散る雪に滲む血のようにも見えたが、敗戦を決定づけた闘いから一年が経とうという今日では、そこまで神経が病むこともない。
 なによりもそこに漂う香(か)がそんな血腥さとは無縁であるのだから。

 もとより風流を好んだ師の薫陶よろしく、こうした風雅をたのしむ傾向は教え子たちにも受け継がれて。なかでも高杉には、その気性の内向的な激しさとは裏腹に、というかだからなのか、三弦を爪弾くような趣味人としての顔がある。やはりこうした季節の趣を解することの似た、桂も幼いころより折々の風情に興を抱いていたのではなかったか。


「源平梅、というのだそうだ」
 中庭に面した濡れ縁で梅見を酒肴に一杯やっていた高杉の、傍らに座しながら桂が云った。手には新しいとっくりと平杯がある。
「ふうん。赤が平家で白が源氏ってわけか」
桂からとっくりを手渡されて、高杉は手酌でやる。この季節にはやはり濁り酒を、というところが季節を味わうのに長けた桂らしい趣向だ。高杉は促して、桂の平杯にも注いだ。
「ああ、温まるな」
 まだ昼日中とはいえ、この季節に縁側での酒は、よほどのものずきには違いない。そんなおのれに付き合う桂を、疎ましいような、くすぐったいような、半端な気分で高杉は眺めた。
「めずらしいじゃねぇか。あんたが昼の酒に付き合うたぁ」
「たまには、な。ちょうど務めのきりもついたし。観梅とあらば」
「いつになる?出立は」
「雪解けを待って」
「江戸入りか」
「すぐに市中入りはせん。戸塚か藤沢あたりでようすをみるつもりだ」
 ふん、と平杯に酒を注ぎ足しながらどこか不満げな返事を漏らす高杉に、桂が微笑する。
「さみしいか」
とん、と音を立てて高杉はとっくりを置いた。
「だ、れが、だ。てめぇこそ、人肌恋しくなって、京にもどってくるんじゃねえのか」
「だれの人肌だ。おまえのか。晋助?」
面と向かって淡々と云われて、頬に朱が差すのを感じる。
「ほかに、だれがいるよ?」
気恥ずかしい気分を打ち払おうと強気に出れば、それもそうだな、と桂は笑って、庭に降り立つ。そのまま古木のもとにより、紅い一枝に手を伸べた。
「これで雪でも降れば、雪見酒になるのだが」
その姿を高杉は、一幅の画のように思った。樹下の佳人だ。

 戻った桂は、手にした紅い梅花を一輪、高杉の酒に浮かべてみせた。
「なんだ?」
「見立てだ。酒を雪に」
「花は、なにに?」
「さて、なんだろうな…」
平杯に目を落とした桂のものおもう風情に、ふいに高杉は激情を覚えた。
 白のなかの赤。雪白のなかの血か、それとも。白銀髪に覗く紅い眸か。
 ぐい、とその酒をひといきで呷ると、桂の腕を思い切り引き寄せる。虚をつかれて高杉の身に倒れ込んだ桂の、口唇にその酒をそそいだ。
「晋…」
 みなまで呼ばせずに、もういちどこんどは深く口を吸う。いまさらに、なにをおもう。去ったおとこを、この季節には思い出すのか。いまあんたといるのは、俺だ。桂。
 ほんとうは江戸へなどやりたくない。攘夷の活動のためでなければ、なんとしてでも止めたろう。だが、またそのためでなければ、いまの桂が高杉を置いてわざわざ江戸へ出向くはずもなかった。
 口腔を彷徨う舌からようように解放されて、桂が乱れた息を調えながら苦笑する。
「やはりさみしいのだな」
「だから、てめぇが、だろうが」
高杉に身をあずけたままの桂をそのまま組み敷いて、冷えた縁側に縫いつける。桂の腕が高杉の首に回り、引き寄せた。

 どちらもがその理由を相手に被けたまま、ぬくもりを確かめあうように、肌を探る。
 だんだんにたがいの熱に染まる桂の肌に匂い立つ香(か)は、庭先に漂う梅香に融けて、高杉のなかに永く染み入った。




了   2008.01.29.



PR

草紙屋

おかいものかご 通販受付中

書店委託 サークルページ直通

次回参加イベント未定


◎寄稿
▽ 銀魂
コタ誕2 記念アンソロジー
桂総受けマイナーCPアンソロジー 桂独占禁止法

【頒布終了】発行日順
▼ 銀魂
坂桂アンソロ・宇宙☆キャプテン/『際涯』
高桂個人誌・花よりほかに知るひともなし/『切情』
銀桂小説アンソロジー・協奏曲/『闇照らす』
▼ OO
刹&ティエ・Star★Line 記念アンソロジー/『瞬きの間にひとは過ぎゆき』 さんぷる

 

銀)ものがたり

天涯の遊子 てんがいのゆうし
( )は主要登場人物
■ □:本篇  ◆ ◇:過去篇
● ○:番外篇  ★:番外桂誕2008

(はじめの手引)
金平糖・上・中・下(銀.桂.高)
遊興・1・2・3・4(坂.桂)
火影・上・中・下(高.桂)
蒸し羊羹(銀.桂.新.神.高)
仮寝・1・2・3・4(土.桂)
微酔・前・後(銀.桂)
雪白・1・2・3・4(沖.桂.銀.土)
源平梅(高.桂)
夜の猫(銀.桂)
星月夜・上・中・下(銀.桂)
桜狩(高.桂)
揺籃・1・2・3・4(坂.桂.銀.高.陸)
藪入り・1・2・3・4(銀.桂.エリ)
陽炎・1・2・3・4(土.桂.銀.近)
水際・上・中・下(高.桂.万.坂)
弦月・1・2・3・4(銀.桂.新.神.坂)
菖蒲湯(高.桂.銀)
落陽・上・中・下(沖.桂.銀)
小憩・上・中・下(坂.桂.エリ)
白皙・1・2・3・4・5・6・7(土.桂.高.山.沖.銀.ほか)
払暁・前・後(子銀.子桂.子高.松)
昔鏡・前・後(銀.桂.土)
萩の影(高.桂)
表裏・上・中・下(高.桂.エリ.坂.万)
白白・上・中・下(銀.桂.エリ.坂)
曙光・前・後(子銀.子桂.子高.松)
朧・1・2・3・4・5・6・7・8・9・10・11・12・13・14(銀.桂.土.新.神.長.沖.近.ほか)
虜囚・上・中・下(高.桂.万)
星合(○○.桂)
まほろば・1・2・3・4・5(銀.桂.白)
隻影(高.桂)
叢雲(銀.桂.土)
架橋・上・中・下(坂.桂)
昇日(子銀.子桂.松)
幻燈・前・後(土.桂.沖)

 

銀)あなざぁ

燎原に雪 りょうげんにゆき
*金魂・ガヤガヤ箱設定 連載

(晋.小太(ズラ子).金.辰.万)
壱-1-2-3・弐

一口話 ひとくちばなし
*設定外の突発短篇など

鈍色(高.桂.銀)
百八つ(銀.桂)
えりづら(エリ.桂)無配再録
▼ 二十万打御礼リク集
ひきがね(土.桂)
深酔い(土.桂)
夜行・前・後(沖.桂.銀)
以心伝心(銀.桂)
便りなし(銀.桂.神)
叢雲(銀.桂.土)天涯の遊子
お猫さま・前・後(坂.桂.銀)
錦上に花(土.桂.銀)
遥遠(高.桂.万.また.武)

 

だぶるおー

Armed angel 武装天使
(ニル.ティエ.刹.アレ.リジェ)
■:幕前 □:一期 ◆:幕間 ◇:二期 ●:幕後 ○:劇場版 ⊿:以降
00栞(はじめの手引)
遊泳する紫黒 オフ収録
天、落ちて・1 全6回オフ収録
容喙 - Don't meddle with us.・1 全3回オフ収録
Caress・1 全3回オフ収録
孤影を擁く・前 全2回オフ収録
昔日の残花・1 全3回オフ収録
いつかのあの日・1 全8回オフ収録
翻る揺り籃・1 全5回オフ収録
その手を伸べて・1 全7回オフ収録
Lost halcyon …・1 全3回オフ収録
天使は瞑目する オフ収録
乖離 〜天使の食卓・1 全4回オフ収録
Cemetery rain・前 全2回オフ収録
Affection・1 全4回オフ収録
Two phase オフ収録
◆◇ Beyond・1 全5回オフ収録
夜に踊る・1 全4回オフ収録
光は淡き・1 全4回オフ収録
いまふたたびの・1 全7回オフ収録
月満ちて時は欠け・1 全5回オフ収録
果てはなくとも・1 全6回オフ収録
Mutual love・1・2・3
Tieria・1・2・3
Double exposure・1・2・3・4
漣は遠くちかく・1 以降オフ収録

  +++++
番外 Armed angel 武装天使
Voice to fascinate オフ収録

 

ヴヴヴ

VVV ドルシアサイド/アドエル
(エルエルフ.アードライ.ハーノイン.イクスアイン.クーフィア.カイン.クリムヒルト.カーツベルフ)
◎ オフ本のサンプル
ヒカリノアリカ 導入部
コノテノナカニ 導入部
◎ 無配とか書きおろしとか
Natürliches tägliches Leben
Vor einer Strategie

 

書簡


お礼画面は気儘更新

 

筆者

別号:
かる
・・・
根っからの創作畑
なので続くか?消えるか?
の無計画出向

バナーほか、こちらから

karucafをフォローしましょう

かるのぴくしぶ

 

月の暦

03 2020/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

 

宝蔵

 

瓦版

創作offline(母家
□ 通販(別窓)
刊行本案内
おかいものかご
■ ダウンロード販売(別窓)
D-5,D-6,D-P

 

携帯版