忍者ブログ
連作「天涯の遊子」の読み切り短篇SS。銀桂篇。
銀時と桂。銀→桂。銀桂短篇『微酔(前・後)』の後日談。
ニンジャー以降、紅桜まえ。

(企画『桂花美人』さま2月お題「猫の恋」に掲載)



 夜更けともなれば、猫が騒ぎ出す。
 低く押しつぶされたような平たい声を出し、うなり狂うさまは、季節の風物詩といえばいえるが、おもいびとの傍にいない身には、ちと、もの悲しい。

「あーあ、さかってやがんなぁ」
 万事屋の奥の和室、すなわち銀時の寝間には、この時刻、そんな猫たちの鳴き声と、たまに追いかけ回しているのであろう物音しか聞こえてこない。
 いまごろなにをしているだろう。やはりひとりで、こんな猫の声でも聞いているのだろうか。いや、隠れ家のあいつの傍にはあの白いものがいるか。この寒空にまさかまた、真選組に追われてはいまいな。
 猫の声に寝入りばなを邪魔されて、冴えてしまった目は、闇の落ちた寝間の天井に、その姿を思い浮かばせる。
 再会後、目のまえにあっても触れることのなかった、できなかった桂に、幾日かまえ、銀時は何年かぶりに触れた。その口唇に口唇で。この掌はなつかしい肌と髪の感触にしばし酔い、たがいの舌と舌との交わりに耽った。
 そこでなんとか自制したのは、いまの銀時なりの節度だったのだが。それがよかったのか、わるかったのか。あの夜以来、おもいはつよくなるばかりで、いけない。
 放り出した報いが、いま来ている。こちらがおもうほどに、いま桂はおのれをおもっているだろうか。銀時のことを案じ気にかけていることは重々伝わってくるが、それがかつてのような恋情とはかぎらない。いや、そもそも桂のそれが、恋と呼べたものかどうかも、いまとなっては怪しい。
 戦時にかさねた肌は、たいがいが銀時の求めに応じたそれで、桂はただ受け止めてくれていただけのような気もしてくる。

 う゛にゃあ。どたどた。ばたこん。どたっ。う゛ぎゃ。
「だぁあああ。もうううううぅ」
がらり、銀時は窓を開けて怒鳴った。
「てめーら、やるならどっか余所でやりやがれっ」
窓の外は闇。ではなく、まだ、かぶき町のネオンがところどころに光る。そこに四つの黒いシルエット。おもいっきり不機嫌に睨みつける。
 と。ちいさなひとつを追いかけて、ふたつのちいさな影が争いもつれながら消えていく。なるほど、一匹を奪い合い争いあっていたものらしい。
 取り残された、おおきなひとつ。屋根の影に潜んだ夜の猫は、開け放たれた窓に向かって、眉をひそめた。ように見えた。
「脅すな、かわいそうに。猫の恋路など一時に過ぎぬものを」
 ひらり、銀時の寝間に身を躍らせる。
「…。なに、おめー。やっぱ追われてたの?」
こんな時刻まで。真選組も仕事熱心なこった。呆れたような云い種は、内心の急に浮き立つような沸き立つような気分を隠そうとして。だが隠しきれず。
「さかっているのは、猫だけでなかったか」
小首をかしげてそんな憎まれ口を叩く桂を、抱き寄せた。

 もっともやっぱりこの夜も、口接けるだけで、おあずけを食わされるのだけれど。
 夢の御馳走を目前に、ほかならぬ銀時の怒声にたたき起こされ、怒り狂った神楽の出現によって。




了   2008.01.29.



PR

草紙屋

おかいものかご 通販受付中

書店委託 サークルページ直通

次回参加イベント未定


◎寄稿
▽ 銀魂
コタ誕2 記念アンソロジー
桂総受けマイナーCPアンソロジー 桂独占禁止法

【頒布終了】発行日順
▼ 銀魂
坂桂アンソロ・宇宙☆キャプテン/『際涯』
高桂個人誌・花よりほかに知るひともなし/『切情』
銀桂小説アンソロジー・協奏曲/『闇照らす』
▼ OO
刹&ティエ・Star★Line 記念アンソロジー/『瞬きの間にひとは過ぎゆき』 さんぷる

 

銀)ものがたり

天涯の遊子 てんがいのゆうし
( )は主要登場人物
■ □:本篇  ◆ ◇:過去篇
● ○:番外篇  ★:番外桂誕2008

(はじめの手引)
金平糖・上・中・下(銀.桂.高)
遊興・1・2・3・4(坂.桂)
火影・上・中・下(高.桂)
蒸し羊羹(銀.桂.新.神.高)
仮寝・1・2・3・4(土.桂)
微酔・前・後(銀.桂)
雪白・1・2・3・4(沖.桂.銀.土)
源平梅(高.桂)
夜の猫(銀.桂)
星月夜・上・中・下(銀.桂)
桜狩(高.桂)
揺籃・1・2・3・4(坂.桂.銀.高.陸)
藪入り・1・2・3・4(銀.桂.エリ)
陽炎・1・2・3・4(土.桂.銀.近)
水際・上・中・下(高.桂.万.坂)
弦月・1・2・3・4(銀.桂.新.神.坂)
菖蒲湯(高.桂.銀)
落陽・上・中・下(沖.桂.銀)
小憩・上・中・下(坂.桂.エリ)
白皙・1・2・3・4・5・6・7(土.桂.高.山.沖.銀.ほか)
払暁・前・後(子銀.子桂.子高.松)
昔鏡・前・後(銀.桂.土)
萩の影(高.桂)
表裏・上・中・下(高.桂.エリ.坂.万)
白白・上・中・下(銀.桂.エリ.坂)
曙光・前・後(子銀.子桂.子高.松)
朧・1・2・3・4・5・6・7・8・9・10・11・12・13・14(銀.桂.土.新.神.長.沖.近.ほか)
虜囚・上・中・下(高.桂.万)
星合(○○.桂)
まほろば・1・2・3・4・5(銀.桂.白)
隻影(高.桂)
叢雲(銀.桂.土)
架橋・上・中・下(坂.桂)
昇日(子銀.子桂.松)
幻燈・前・後(土.桂.沖)

 

銀)あなざぁ

燎原に雪 りょうげんにゆき
*金魂・ガヤガヤ箱設定 連載

(晋.小太(ズラ子).金.辰.万)
壱-1-2-3・弐

一口話 ひとくちばなし
*設定外の突発短篇など

鈍色(高.桂.銀)
百八つ(銀.桂)
えりづら(エリ.桂)無配再録
▼ 二十万打御礼リク集
ひきがね(土.桂)
深酔い(土.桂)
夜行・前・後(沖.桂.銀)
以心伝心(銀.桂)
便りなし(銀.桂.神)
叢雲(銀.桂.土)天涯の遊子
お猫さま・前・後(坂.桂.銀)
錦上に花(土.桂.銀)
遥遠(高.桂.万.また.武)

 

だぶるおー

Armed angel 武装天使
(ニル.ティエ.刹.アレ.リジェ)
■:幕前 □:一期 ◆:幕間 ◇:二期 ●:幕後 ○:劇場版 ⊿:以降
00栞(はじめの手引)
遊泳する紫黒 オフ収録
天、落ちて・1 全6回オフ収録
容喙 - Don't meddle with us.・1 全3回オフ収録
Caress・1 全3回オフ収録
孤影を擁く・前 全2回オフ収録
昔日の残花・1 全3回オフ収録
いつかのあの日・1 全8回オフ収録
翻る揺り籃・1 全5回オフ収録
その手を伸べて・1 全7回オフ収録
Lost halcyon …・1 全3回オフ収録
天使は瞑目する オフ収録
乖離 〜天使の食卓・1 全4回オフ収録
Cemetery rain・前 全2回オフ収録
Affection・1 全4回オフ収録
Two phase オフ収録
◆◇ Beyond・1 全5回オフ収録
夜に踊る・1 全4回オフ収録
光は淡き・1 全4回オフ収録
いまふたたびの・1 全7回オフ収録
月満ちて時は欠け・1 全5回オフ収録
果てはなくとも・1 全6回オフ収録
Mutual love・1・2・3
Tieria・1・2・3
Double exposure・1・2・3・4
漣は遠くちかく・1 以降オフ収録

  +++++
番外 Armed angel 武装天使
Voice to fascinate オフ収録

 

ヴヴヴ

VVV ドルシアサイド/アドエル
(エルエルフ.アードライ.ハーノイン.イクスアイン.クーフィア.カイン.クリムヒルト.カーツベルフ)
◎ オフ本のサンプル
ヒカリノアリカ 導入部
コノテノナカニ 導入部
◎ 無配とか書きおろしとか
Natürliches tägliches Leben
Vor einer Strategie

 

書簡


お礼画面は気儘更新

 

筆者

別号:
かる
・・・
根っからの創作畑
なので続くか?消えるか?
の無計画出向

バナーほか、こちらから

karucafをフォローしましょう

かるのぴくしぶ

 

月の暦

03 2020/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

 

宝蔵

 

瓦版

創作offline(母家
□ 通販(別窓)
刊行本案内
おかいものかご
■ ダウンロード販売(別窓)
D-5,D-6,D-P

 

携帯版