忍者ブログ
「天涯の遊子」土桂篇。終話。
土方と桂。と、高杉。 山崎、沖田、銀時、ほかも。
動乱篇以降、攘夷志士試験の後日。
其の七。土方、桂、高杉、近藤。




「ふん。…まあいい。それで、こいつを見逃せと?」
「無益な殺生は好まぬ。こんなことで貴様の手を汚させるのも、こんなことで土方の未来を奪うのも、忍びない」

 俺の…未来。そいつを惜しんでくれるってぇのか。桂?

「おもしろくねぇな」
「そういう問題ではなかろう」
「そういう問題だよ。桂、てめぇ、俺と銀時だけじゃ足りねぇか」
「なんの話だ」
「ついでにバカ本も」
「だから、なんのことだ。晋助」
「かまっ娘の店で見たときはまさかと思ったが。真選組の副長まで誑かすたぁ恐れ入ったぜ」

 誑かされたわけじゃねぇ。畜生。万事屋とおんなじことを云いやがる。

「こいつ、意外や、マジだぜ。さっきもヅラの名を出したとたん、斬りかかって来やがった」
 
 ああ、そうだった。そんなことを云っていた。いつのまに見られていたのか知れないが。てか、このおとこも平然と江戸に出入りしてるってことじゃねぇか。まったく。江戸の民は攘夷贔屓でいけねぇ。

「貴様が挑発したのか。それでさっきの仕儀か。おれが来なかったらどうするつもりだったのだ」
「来たじゃねぇか」
「貴様が勝手に、隠れ家に置き手紙など残しておいたのだろうが」
「あそこじゃおちおち肩も抱けねぇ。おめぇはあちこち出歩いてるし、白いのは張り付いてるし、志士どもは彷徨いてるし」
「白いのではない、エリザベスだ。エリザベスに救われたくせに、文句を垂れるな」
「にしちゃあ、乱暴な助け船だったよなぁ。おかげで脚は挫くは、風邪は引くは」
「その身が癒えても転がり込んだまま、好き放題しておったろう。真選組にちょっかいを出すのは勝手だが、いいかげん度が過ぎて、見ろ、このざまだ」
「だれのせいだと思ってやがる」

 なんだか妙な雲行きだ。このおとこ、いまなんて云った。肩も抱けない?
 ここは恋しいあいてと忍ぶ場所だぜ。
 ふと先刻のことばがよみがえる。あれはただ、もうひとりひとがいることの仄めかしだけではなかったのか。
 本気でそのあいてと逢うつもりだったのだ。置き手紙で呼び出して、待っていたのは。捕り手から逃げもせず、待ち続けていたのは。
「かつら」
 不意に、土方の口から、音になって零れ出ていた。

「…。気がついたか?」
「………いや、まだ眠ってるみてぇだ。ぴくりともうごかねぇ」
「寝言か」
 それを云うなら譫言だろうが。土方は思考のなかでだけ突っ込んだ。
「毒でも仕込んだんじゃあるめぇな」
「そんな準備がいつできる。ただ軽く経絡をだな、こう押さえて…」
「だっっ。やめろばか。俺まで気絶させる気か」
「完全に貴様に注意が行っていたからな。刀で止めるよりは手間が掛からんかと思って」
「その細腕で熊も倒す野郎だよ、てめぇは」
「好きで細腕に生まれたわけではないのだが」
「わかってるよ、んなこたぁ」
「放っておけば、そのうち回復する。そろそろ戻るぞおれは」
 そういいながら触れてきた指先が、土方の額を撫でた。ひんやりとした感触が、だがやわらかに額から頬へと流れる。散った髪を梳くようになんどか往復した。
 やめろ。からだの自由が利いたなら、土方はきっとそう叫びだしていただろう。いや、それとも。縁日で手を取られたときのように固まってしまったろうか。それほどに桂の指のうごきはやさしく、慈愛すら感じさせて、土方のこころを掻き乱した。
 やめてくれ。これ以上俺にかまうな。惑わすな。いまさっき奈落に突き落としたその手で、またこの身を恋獄の淵へと引き摺り込むのか。
 そうあたまでは誹りながら、いざ離れていく桂の指先に、こころは名残を惜しむ。そのままずっと触れていてほしいと、願うおのれがいる。

 畳に寝かされているのだろう、土方の傍らで桂の立ち上がる気配があった。次いで高杉の気配も腰を上げる。
「外には真選組がいまごろは大挙して待ち受けてるぜ。気ぃつけるんだな」
 そういえば。ここはどこなんだ。まださっきの出逢い茶屋にいるということか。意識が戻ったとき真っ先にするべき状況確認を怠っていたのは、からだの自由が利かないからばかりではない。自棄に陥っていたせいだ。

「おれをだれだと思っている」
 笑みを含んだ声で桂は云った。出口に向かうのか衣擦れの音がする。
「桂 小太郎」
 そう皮肉っぽく応じた声が、わずかにそれを追う気配があった。
 いまだ視界が閉ざされていることに、土方は感謝した。高杉が万事屋の云う恋敵のひとりなら、こんな別れ際にすることなど容易に想像がつく。
「…少ししたら俺も出る」
 わずかばかりの間を置いて掛けられた声は、打って変わった甘さを含んでいた。桂の隠れ家に舞い戻るのか、鬼兵隊の根城に帰るのか。
「付けられるなよ。晋助」
 捕まるなよ、ではないんだな。見下しやがって。気にくわねぇ。

 桂は音もなく立ち去った。部屋に在ったひとの気配が減ったから、立ち去ったのだろうと思ったにすぎない。消えたというほうが当たっている。それほどに現れたとき同様、忽然として、鮮やかだった。


 高杉の気配はまだある。三味線をかたしているらしい、しゅるりと絹のすべる音がして、きゅっと紐を縛る音が続く。だがそれに続いた音に土方は内心でぎょっとなった。
 腰に佩いた刀の、鞘走る音。
「狸寝入りもいいかげんにしやがれ」
そう、声が降ってきて、首筋から喉もとにかけて冷たいものが当たった。
 濡れ衣だ。いいがかりだ。からだが動かないんだからしょうがねぇだろ。
「とっくに意識は戻ってるんだろう。瞼は開かねぇのかもしれねぇが、目ん玉うごいてんのはわかんだよ。夢でも見てるかとも思ったが、いまのではっきりしたぜ。刀抜く音に反応するってぇのは、おたがい哀しいサガだよなぁ」
 隻眼のくせに、よくみてやがる。
「ヅラの顔立てて、いまは見逃しちゃあやるが。俺ぁ、腑抜けた銀時のやろうとは違う。あれの生きざまの妨げになるようなら、容赦はしねぇよ。憶えときな」
 こいつ。
 嗤いを含んだ声音だったが、腹の底に冷たいものが流れていた。
 こいつ、どうかしている。桂とは思想的に相容れずに訣別したはずなのに。それではまるで桂の在りようを認めているような、いやむしろ。そこに流れているのは肯定以上のもので。
「あれの手は冷てぇが温けぇだろう。その残酷さをあいつはわかっていねぇ。退けるうちに退いたほうが身のためだぜ。田舎侍の副長さんよ」

 ま、些と遅かったか。
 ククッと嗤い声を立て云わずもがなのひとことを付け足して、納刀の気配とともに高杉が去っていく。身じろぎできぬ土方がひとり、あとに残される。
 万事屋の惚気も悋気もたいがい拗くれちゃいたが、こいつも相当なもんだ。
 どうしてそこまで桂に拘る。執着する。万事屋も高杉も、どうして。
 そう呆れながらも、自覚があった。おのれもまたそのひとりであることの。


 どうしてかなど知らない。わからない。応えなどない。
 わかっているのは、いまおのれが生きてこの身を横たえていることだけ。そうなのだ。瞬時の判断で高杉を護り、桂は、だが同時に土方をも庇った。桂は無惨にこの身を切り捨てるが、その刃を握るおなじ手はこの身を慈しみもするだろう。触れられた指先から流れ込んだものを土方は信じた。いや、縋った。
 まだだ。届いていないわけじゃない。この手も声も、このおもいも。

 去り際に高杉が云い捨てた科白も、さきに万事屋に刺された釘も、根っこはおんなじだ。やつらはとうに、それを越えたところにいる。
 ああ、そうか。これだったのか。
 なるほど、桂というのは手に余る。手に余るぶん、愛しさが募る。消え失せてはくれぬ恋情なら、求めつづけるほか途はない。

 うごかなかった手足にようやく意思のちからが伝わりはじめる。
 土方は重い瞼をゆるりと擡げた。


 
 開け放したままの茶屋の窓から、夜の帷を下ろした町並みが覗く。
 土方は携帯を取りだし、おのれのせいで取り逃がしたことを局長に告げた。トシ、無事でよかった。と震える声が返る。ああ、あんたは甘い、近藤さん。だからこそ、自分は真選組を裏切れない。

 引き裂かれていくおのれを感じながら、土方は床畳から立ち上がる。
 いいさ。思うさま引き裂くがいい。俺はどちらも諦めない。捨てられない。放せない。失くさずには得られないものが、引き裂かれてでも得られるなら、失くして得られないよりずっとましだ。
 夜の空気を思い切り吸い込んでから、土方は窓を閉ざして錠を下ろす。今宵見ることの叶わなかった白皙のおもてを、思い浮かべた。




 おのれのなかに相反するものを抱えながら、恋うている。
 土方も。
 高杉も。
 銀時も。


 みなどこか、狂っているのだ。



 それだけだ。




了   2008.07.08.

PR

草紙屋

おかいものかご 通販受付中

書店委託 サークルページ直通

次回参加イベント未定


◎寄稿
▽ 銀魂
コタ誕2 記念アンソロジー
桂総受けマイナーCPアンソロジー 桂独占禁止法

【頒布終了】発行日順
▼ 銀魂
坂桂アンソロ・宇宙☆キャプテン/『際涯』
高桂個人誌・花よりほかに知るひともなし/『切情』
銀桂小説アンソロジー・協奏曲/『闇照らす』
▼ OO
刹&ティエ・Star★Line 記念アンソロジー/『瞬きの間にひとは過ぎゆき』 さんぷる

 

銀)ものがたり

天涯の遊子 てんがいのゆうし
( )は主要登場人物
■ □:本篇  ◆ ◇:過去篇
● ○:番外篇  ★:番外桂誕2008

(はじめの手引)
金平糖・上・中・下(銀.桂.高)
遊興・1・2・3・4(坂.桂)
火影・上・中・下(高.桂)
蒸し羊羹(銀.桂.新.神.高)
仮寝・1・2・3・4(土.桂)
微酔・前・後(銀.桂)
雪白・1・2・3・4(沖.桂.銀.土)
源平梅(高.桂)
夜の猫(銀.桂)
星月夜・上・中・下(銀.桂)
桜狩(高.桂)
揺籃・1・2・3・4(坂.桂.銀.高.陸)
藪入り・1・2・3・4(銀.桂.エリ)
陽炎・1・2・3・4(土.桂.銀.近)
水際・上・中・下(高.桂.万.坂)
弦月・1・2・3・4(銀.桂.新.神.坂)
菖蒲湯(高.桂.銀)
落陽・上・中・下(沖.桂.銀)
小憩・上・中・下(坂.桂.エリ)
白皙・1・2・3・4・5・6・7(土.桂.高.山.沖.銀.ほか)
払暁・前・後(子銀.子桂.子高.松)
昔鏡・前・後(銀.桂.土)
萩の影(高.桂)
表裏・上・中・下(高.桂.エリ.坂.万)
白白・上・中・下(銀.桂.エリ.坂)
曙光・前・後(子銀.子桂.子高.松)
朧・1・2・3・4・5・6・7・8・9・10・11・12・13・14(銀.桂.土.新.神.長.沖.近.ほか)
虜囚・上・中・下(高.桂.万)
星合(○○.桂)
まほろば・1・2・3・4・5(銀.桂.白)
隻影(高.桂)
叢雲(銀.桂.土)
架橋・上・中・下(坂.桂)
昇日(子銀.子桂.松)
幻燈・前・後(土.桂.沖)

 

銀)あなざぁ

燎原に雪 りょうげんにゆき
*金魂・ガヤガヤ箱設定 連載

(晋.小太(ズラ子).金.辰.万)
壱-1-2-3・弐

一口話 ひとくちばなし
*設定外の突発短篇など

鈍色(高.桂.銀)
百八つ(銀.桂)
えりづら(エリ.桂)無配再録
▼ 二十万打御礼リク集
ひきがね(土.桂)
深酔い(土.桂)
夜行・前・後(沖.桂.銀)
以心伝心(銀.桂)
便りなし(銀.桂.神)
叢雲(銀.桂.土)天涯の遊子
お猫さま・前・後(坂.桂.銀)
錦上に花(土.桂.銀)
遥遠(高.桂.万.また.武)

 

だぶるおー

Armed angel 武装天使
(ニル.ティエ.刹.アレ.リジェ)
■:幕前 □:一期 ◆:幕間 ◇:二期 ●:幕後 ○:劇場版 ⊿:以降
00栞(はじめの手引)
遊泳する紫黒 オフ収録
天、落ちて・1 全6回オフ収録
容喙 - Don't meddle with us.・1 全3回オフ収録
Caress・1 全3回オフ収録
孤影を擁く・前 全2回オフ収録
昔日の残花・1 全3回オフ収録
いつかのあの日・1 全8回オフ収録
翻る揺り籃・1 全5回オフ収録
その手を伸べて・1 全7回オフ収録
Lost halcyon …・1 全3回オフ収録
天使は瞑目する オフ収録
乖離 〜天使の食卓・1 全4回オフ収録
Cemetery rain・前 全2回オフ収録
Affection・1 全4回オフ収録
Two phase オフ収録
◆◇ Beyond・1 全5回オフ収録
夜に踊る・1 全4回オフ収録
光は淡き・1 全4回オフ収録
いまふたたびの・1 全7回オフ収録
月満ちて時は欠け・1 全5回オフ収録
果てはなくとも・1 全6回オフ収録
Mutual love・1・2・3
Tieria・1・2・3
Double exposure・1・2・3・4
漣は遠くちかく・1 以降オフ収録

  +++++
番外 Armed angel 武装天使
Voice to fascinate オフ収録

 

ヴヴヴ

VVV ドルシアサイド/アドエル
(エルエルフ.アードライ.ハーノイン.イクスアイン.クーフィア.カイン.クリムヒルト.カーツベルフ)
◎ オフ本のサンプル
ヒカリノアリカ 導入部
コノテノナカニ 導入部
◎ 無配とか書きおろしとか
Natürliches tägliches Leben
Vor einer Strategie

 

書簡


お礼画面は気儘更新

 

筆者

別号:
かる
・・・
根っからの創作畑
なので続くか?消えるか?
の無計画出向

バナーほか、こちらから

karucafをフォローしましょう

かるのぴくしぶ

 

月の暦

03 2020/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

 

宝蔵

 

瓦版

創作offline(母家
□ 通販(別窓)
刊行本案内
おかいものかご
■ ダウンロード販売(別窓)
D-5,D-6,D-P

 

携帯版