忍者ブログ
「天涯の遊子」沖桂篇。終話。
沖田と桂。と、銀時。
動乱篇を挟んで、その前哨と後日譚。



「…ヅラが斬った」
「へい?」
 葛折りの丘の小径も半ば、唐突に銀時が切り出した。振り返り見た沖田からは、薄暮に銀時の姿もうっすら暈ける。
「深手を負って、火急の行軍についていかれなくなってね。引き摺って連れて進むも、置き去りにするも、早晩死ぬのは明らかだった。だから」
 立ち止まった沖田に追いつくかたちになった銀時は、気怠げな眼差しで薄紫の上空を仰いでいる。薄く笑むようにも見える口の端で、淡々と紡いだ。

 兵は自らが足手纏いになるのを厭い、将は全体を生かすために個を切り捨てる非情さを強いられる。
「そいつ、ヅラに心酔してたからなぁ。怪我に気がふれたふりなんかしてさ。桂の手にかかって、笑って死んだ」
「………」
攘夷志士の暁だのといまもって崇め立てられる、けれど沈む夕陽なしに朝陽は拝めないのだ。おのれの足もとの屍を乗り越えて、あれは暁であることを自ら体現する。ひとり超然と、沈むことなど知らぬげに。

「そーゆーのって、たまんねーでしょ。どっちも莫迦でしょ」
 そのどちらにもなにもしてやれなかったおのれの無力さに、この旦那もまた苛まれたのだろうと、漠然として沖田は思った。そのうえでなお、銀時がなにを置いてもまず案ずるのは、結句、桂なのだとも知れた気がした。
「主戦場は…西のほうだったと聞いてやすが」
 沖田の知らない、知りようのない戦の現実。
「そう。もうどこだったかなんて忘れたし。この場所も、そいつから話しに聞かされてたってだけ。こっちの出だったんだろうな。ヅラも江戸に来てから、ここだと知ったんだろ」
その戦争を追体験したいと、沖田は思わない。沖田にとっての戦は、真選組とともにある。すなわち近藤の立つ場所にある。おのれ自身のために、たいせつなものと必要な居場所をまもるのが、自分の闘いだ。そのために故郷(くに)を離れ、こんなところまで来た。それを幸とも不幸とも思わなかった。そういうものだと思ってきた。いまもそうだ。それは変わらない。変わらないのに。
 先日の戦闘の感触が、ふいに生々しく沖田の身によみがえる。
 あの憤り。たとえようのない昂揚感。とてつもない疲労感。

「てめーもさ、存外しんどかったろう。見知った顔を斬るってのは」
 思いもよらぬことばを掛けてきた銀時に、沖田は肩を竦めてみせた。
「俺にとっちゃ、大将の敵でしかありやせんや」
「そう? ならいいけどね」
 銀時は、至極あっさり翻して沖田の言に同調しながら、さらりと付け足す。
「桂がおめー連れて歩いてたのは、総一郞くん、放っとけない面(つら)でもしてたんじゃねぇのかと、なんか思っちまったわけよ」
 違うんなら、いいんだ。と、つづけられたことばは、沖田のあたまに入ってきてはいなかった。
 なんだって?
 意識が急速に、まえを歩く桂のもとへと向かっていくのがわかる。
 歩みの止まった後続に気づいた桂が振り返るのが、見えた。
「おい、なにをしている。ふたりとも。置いていくぞ」
「へいへい。てか、気早なんだよ、ヅラくん」
 叫び返しながら、銀時が飄々と、そのくせ小走りに桂のもとへと駆ける。
「ヅラじゃない。気早でもない。桂だ」
 そんなやりとりも、沖田の目と耳とを素通りしていく。いま沖田の目に映っているのは、目のまえの姿ではない。今朝方の。

 立ち止まる、傘。
 振り返る、背の黒髪。
 しばしこちらを眺め、傘を差し掛けた。
 桂。

 手に預かったままだった、番傘を開く。その手がおぼつかない。めずらしく沖田は周章てた。周章てたことに気づいてまた、おぼつかなくなる手で開いた傘を目深に傾ける。おのれは、どんな面(つら)を晒していたというのか。
 視界を隔てても、今朝方の姿は消えてくれない。花屋を出かけて空を見あげた横顔。同時に視野から断ったはずの、前方で振り返り見る桂の姿も。その声に、抵抗むなしく引き摺りもどされた。
「沖田。行くぞ」
 びくりと、傘が揺れる。なんで、よりにもよって、いまなんでィ。
「なにしちゃってるの、総一郞くん、また傘なんか差して」
それでも沖田は傘を傾けたままで。
「こうすれば、帰るまに乾くじゃねいですかィ」
ゆっくり、一歩を踏み出した。
 ぬかるんだ小径を踏みしめるおのれの足先を見つめながら、沖田は一足一足歩を進める。湧き上がる、甘く痺れたようなふわふわとした感覚に、この足を取られないように。そのくせ、この感覚を手放したくなくて。また一歩を踏みしめる。
 ああ、どうやって、こうして踏み込んでやろうか。どう掻き回してやろう。いま、沖田、と初めて名を呼んだ、あのおとこを。消そうにも消せない、あの姿を。あの声を。
 どうしたら、抱きしめられるだろう。


「わっ」
 唐突に響いた初めて聞く小さな叫び声に、沖田は思わず、前方に傾けていた傘を上げた。被さるように、声が続く。
「おわっ。おま、なにやってんの。この莫迦」
 見れば、ぬかるみに足を取られたらしい桂が、尻もち寸前の体勢で、銀時に抱えられるように支えられている。
「莫迦じゃない。桂だ」
 呑気に常套句を吐きながら、銀時の腕をつかんで、桂は足もとを立て直す。
「テロリストが、ぬかるみにすってんころりんして、どーすんの。鈍(なま)ったんじゃないの」
「だれがテロリストだ。攘夷志士だ。鈍った貴様に鈍ったと云われるほど鈍ってはおらんぞ、この糖尿」
「だから。俺はまだ糖尿じゃねぇっての」
 口ではぽんぽんと云い合いながら、銀時は支える手を解こうとはしないし、桂もそれを当然のように受けている。

「あーもう。痴話喧嘩は余所でやってくだせぇ」
 沖田は閉じた傘を、支えるほうの腕を目掛けて、投げつけた。銀時が周章ててそれを受け止める。ふいに支えを失った桂は、すでに体勢をもどしていて、事無きを得たが。
「総一郞くん。先の尖ったもの、ひとさまに向けちゃだめでしょーが」
「旦那じゃなかったら、目ん玉目掛けて投げてましたぜ」
 云いながら、ざっざっと大股で沖田はふたりに近づいた。
「きょうのところは、譲りまさぁ。だが、つぎ、このひとの身を支えるのは」
 俺でさぁ。
 とは告げずに。ただ、にっと笑って、沖田はそのままふたりの横を通り過ぎる。
 すれ違いざま銀時が、刹那、沖田を刺すような眸で見た。それはほんとうにほんの一瞬のことで、すぐにもいつもの死んだような色に塗り込められたが。
 背中に粟立つものを感じながら、だが沖田はそのままの勢いで径を下った。振り返らない。
 その後ろから、おっとりと、桂の声がかかる。
「迷うなよ、沖田」
 ああ、いい音色だ。ひとを酔わす声音というものが存在することを、実感する。ようやくその名を意識に留めてくれやしたねィ、桂さん。
「これでも記憶力はいいんでィ。来た径くらい憶えてまさぁ」

 葛折りをいくつか曲がり下ったところで、沖田は歩む速度をゆるめた。背の低い草木越しに、いま来た道筋がところどころ顔を覗かせている。まだうごかないふたつの人影が、かろうじて見て取れた。
 じきに夜の帷がその姿を覆い隠すだろう。その寸前、その影はひとつにかさなる。いささか乱暴に引き寄せられたのか、長い髪がなびいて沖田の見つめるさきに影を残した。


 丘の頂を背に、来た途を辿る。薄闇が、完全に夜の色に塗り籠められるまえに、足もとのぬかるんだ小径は舗装された間道へと変わった。

 自分もまだまだだな、と、沖田は自嘲する。知らん顔で旦那と土方とを焚きつけて、自分は漁夫の利にありつけばよかったのに。あんなふうにあからさまに匂わせたら、万事屋の旦那が黙っているはずがない。
 現にいまさっき、悋気に駆られて旦那は、桂のその身を抱(いだ)いたろう。あのあと桂を足止めしたまま、きっと口接けている。
 なびく髪とひとつにかさなった人影が、まなうらに残って消えない。

 それは沖田が初めて味わう、嫉妬という名の恋情だった。




了   2008.05.17.



PR

草紙屋

おかいものかご 通販受付中

書店委託 サークルページ直通

次回参加イベント未定


◎寄稿
▽ 銀魂
コタ誕2 記念アンソロジー
桂総受けマイナーCPアンソロジー 桂独占禁止法

【頒布終了】発行日順
▼ 銀魂
坂桂アンソロ・宇宙☆キャプテン/『際涯』
高桂個人誌・花よりほかに知るひともなし/『切情』
銀桂小説アンソロジー・協奏曲/『闇照らす』
▼ OO
刹&ティエ・Star★Line 記念アンソロジー/『瞬きの間にひとは過ぎゆき』 さんぷる

 

銀)ものがたり

天涯の遊子 てんがいのゆうし
( )は主要登場人物
■ □:本篇  ◆ ◇:過去篇
● ○:番外篇  ★:番外桂誕2008

(はじめの手引)
金平糖・上・中・下(銀.桂.高)
遊興・1・2・3・4(坂.桂)
火影・上・中・下(高.桂)
蒸し羊羹(銀.桂.新.神.高)
仮寝・1・2・3・4(土.桂)
微酔・前・後(銀.桂)
雪白・1・2・3・4(沖.桂.銀.土)
源平梅(高.桂)
夜の猫(銀.桂)
星月夜・上・中・下(銀.桂)
桜狩(高.桂)
揺籃・1・2・3・4(坂.桂.銀.高.陸)
藪入り・1・2・3・4(銀.桂.エリ)
陽炎・1・2・3・4(土.桂.銀.近)
水際・上・中・下(高.桂.万.坂)
弦月・1・2・3・4(銀.桂.新.神.坂)
菖蒲湯(高.桂.銀)
落陽・上・中・下(沖.桂.銀)
小憩・上・中・下(坂.桂.エリ)
白皙・1・2・3・4・5・6・7(土.桂.高.山.沖.銀.ほか)
払暁・前・後(子銀.子桂.子高.松)
昔鏡・前・後(銀.桂.土)
萩の影(高.桂)
表裏・上・中・下(高.桂.エリ.坂.万)
白白・上・中・下(銀.桂.エリ.坂)
曙光・前・後(子銀.子桂.子高.松)
朧・1・2・3・4・5・6・7・8・9・10・11・12・13・14(銀.桂.土.新.神.長.沖.近.ほか)
虜囚・上・中・下(高.桂.万)
星合(○○.桂)
まほろば・1・2・3・4・5(銀.桂.白)
隻影(高.桂)
叢雲(銀.桂.土)
架橋・上・中・下(坂.桂)
昇日(子銀.子桂.松)
幻燈・前・後(土.桂.沖)

 

銀)あなざぁ

燎原に雪 りょうげんにゆき
*金魂・ガヤガヤ箱設定 連載

(晋.小太(ズラ子).金.辰.万)
壱-1-2-3・弐

一口話 ひとくちばなし
*設定外の突発短篇など

鈍色(高.桂.銀)
百八つ(銀.桂)
えりづら(エリ.桂)無配再録
▼ 二十万打御礼リク集
ひきがね(土.桂)
深酔い(土.桂)
夜行・前・後(沖.桂.銀)
以心伝心(銀.桂)
便りなし(銀.桂.神)
叢雲(銀.桂.土)天涯の遊子
お猫さま・前・後(坂.桂.銀)
錦上に花(土.桂.銀)
遥遠(高.桂.万.また.武)

 

だぶるおー

Armed angel 武装天使
(ニル.ティエ.刹.アレ.リジェ)
■:幕前 □:一期 ◆:幕間 ◇:二期 ●:幕後 ○:劇場版 ⊿:以降
00栞(はじめの手引)
遊泳する紫黒 オフ収録
天、落ちて・1 全6回オフ収録
容喙 - Don't meddle with us.・1 全3回オフ収録
Caress・1 全3回オフ収録
孤影を擁く・前 全2回オフ収録
昔日の残花・1 全3回オフ収録
いつかのあの日・1 全8回オフ収録
翻る揺り籃・1 全5回オフ収録
その手を伸べて・1 全7回オフ収録
Lost halcyon …・1 全3回オフ収録
天使は瞑目する オフ収録
乖離 〜天使の食卓・1 全4回オフ収録
Cemetery rain・前 全2回オフ収録
Affection・1 全4回オフ収録
Two phase オフ収録
◆◇ Beyond・1 全5回オフ収録
夜に踊る・1 全4回オフ収録
光は淡き・1 全4回オフ収録
いまふたたびの・1 全7回オフ収録
月満ちて時は欠け・1 全5回オフ収録
果てはなくとも・1 全6回オフ収録
Mutual love・1・2・3
Tieria・1・2・3
Double exposure・1・2・3・4
漣は遠くちかく・1 以降オフ収録

  +++++
番外 Armed angel 武装天使
Voice to fascinate オフ収録

 

ヴヴヴ

VVV ドルシアサイド/アドエル
(エルエルフ.アードライ.ハーノイン.イクスアイン.クーフィア.カイン.クリムヒルト.カーツベルフ)
◎ オフ本のサンプル
ヒカリノアリカ 導入部
コノテノナカニ 導入部
◎ 無配とか書きおろしとか
Natürliches tägliches Leben
Vor einer Strategie

 

書簡


お礼画面は気儘更新

 

筆者

別号:
かる
・・・
根っからの創作畑
なので続くか?消えるか?
の無計画出向

バナーほか、こちらから

karucafをフォローしましょう

かるのぴくしぶ

 

月の暦

03 2020/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

 

宝蔵

 

瓦版

創作offline(母家
□ 通販(別窓)
刊行本案内
おかいものかご
■ ダウンロード販売(別窓)
D-5,D-6,D-P

 

携帯版