忍者ブログ
Armed angel #22 二期終幕後 ニルティエ+リジェネ
意識体のティエリアinヴェーダ。リジェティエ表現有り、注意。
前後篇としてはちょっと長くなるので、短めの三回に分ける。
全三回。その1。




「ヴェーダは連邦政府の手に委ねるが、その引き渡しの交渉をあなたに頼みたい。むろんその後の運用には情報タイプのイノベイドが必要だから、その生成はヴェーダが許可するだろう」
 淡々とした口調で意識体となったティエリアはそう告げた。

 記録上すでにこの世界のどこにも存在しないおのれには、適任か。あとくされがない。承諾の意を込めて頷きながらニールはむしろ気懸かりを問う。
「おまえは…」
「ぼくのからだは…少し時間が掛かる」
 リボンズは短期間に膨大な数のイノベイドを用意していたが、そうはいかないものらしい。
「あれは量産型だ。しかも特攻のためだから自我をあたえられていなかった。固有の人格を持つイノベイドとは手数が異なる。加うるに、意識データの移送になるから新たな生体と統合させる必要がある。塩基配列がおなじでも個体差は微妙に生じるから、マッチングをクリアしないとぼくがぼくでなくなってしまう」
 リジェネに撃たれた際それをほぼ分単位でやってのけたリボンズは、やはりとてつもなく優秀で用意周到だったのだ。だがおそらく、ティエリアのここに来ての慎重さと逡巡はそれだけが理由ではないだろう。
 あのとき刹那に告げたように、ヴェーダの一部となり人類を見守ることが、ティエリアのイノベイドとしての選択であり、決意であり、使命だからだ。


 ヴェーダ引き渡しの任に向かう小型艇で、ニールはひとりごちた。
「長く…なるな」
 それでももう決めたのだ。どのような状態であれ、二度と再びティエリアの手を放しはしない。置き去りにしたりしない。ティエリアという存在そのものが抱え込んだ、孤独の淵をひとり渡らせることはない。
 なによりニールのほうがティエリアの不在に耐えられるはずもない。いま、ニールの帰るべき場所はただひとつ。
 紅玉に紫黒の髪を戴く天使の傍ら。


* * *
 


 その日なんどめかの溜め息を吐いたティエリアに、とうとうリジェネはもともとあまりない忍耐の緒を切った。

「ああ、もう。いいかげんにしなよ」
 ヴェーダのなかでたがいに意識データとして存在しているにすぎないのだけれど、現実世界に肉体を持って存在しているのと当人たち的には大差がない。
「きみがそんなふうだと僕まで気鬱になるじゃないか」
「ぼくが鬱陶しければ離れていればいい」
 と、ティエリアのいらえはにべもないから、リジェネは逆に抱きついてやった。
「リジェネ」
「そんなにやつが恋しいなら、さっさとからだを持てばいいんだ」
 ティエリアの新たなうつわ、塩基配列パターン0988ティエリア・アーデ型の生体端末はすでにもうできあがっていて、培養ポッドに眠っている。なのに生真面目なティエリアはヴェーダとともに人類を見守ることに拘って、そのくせニール・ディランディのことを放ってもおけないのだ。ティエリアがその脳を護りリジェネが肉体をあたえた、人間であって人間でなくなった彼を。
「あれは対話のときのための」
「万一のときのためなら、きみが入ったあと、また新たに一体つくっておけばいいじゃないか」
 背後から抱きつくようにティエリアを羽交い締めにして、リジェネはじゃれる。
「こら、リジェネ。苦しい」
「僕をここに置いていくんだから、このくらいでちょうどだよ」
「リジェネ、ぼくは」
「だいたいいつまであいつにストイックに過ごさせる気さ。からだはイノベイドと同じでもあいつのあたまのなかみは人間そのままなんだからね」

 連邦政府の手が入った外宇宙航行母艦ソレスタルビーイングだが、その広大さゆえ、衛星側の連邦の目の届かない区画でひとまずニールは暮らしている。ティエリアの依頼でヴェーダ受け渡しの任に当たったあと、もうあなたの自由にして欲しいとティエリアが地上に降りるよう進めても、自由にしていいならここにいると云って。

「なかなか健気じゃないか。あれだけ強引で押しのつよかったおとこが、きみに触れられもしないまま、文句も云わず耐えてるなんてさ」
「………」
「僕らは有性生殖しないからもともとそういう方面には淡泊にできてるけど、あいつにとっては相当きっついんじゃないのかな」
「…かもしれない」
「あんまり焦らして浮気されたって知らないよ」
「そんな、こと」
 戸惑ったような声が返った。ティエリアにそんな器用な、駆け引きのような真似ができるはずもないことは、リジェネだって心得ている。
「まあもしそんなことにでもなれば、僕が黙っちゃいないけどね。二度とティエリアに触れられなくしてやる」
「リジェネ。きみは煽っているのか、邪魔したいのか、どっちなんだ」
「きみたちをかい? 裂けるものなら裂きたいね。僕としては、ずっとここでティエリアといっしょにいたいに決まってる」
「だったら、ぼくを揺るがせるな」
「煽られて揺らぐ程度には、ほんとはやつといたいってことじゃないか」
 容赦なくそう斬り込むと、リジェネを背に抱きつかせたまま、ティエリアはきゅっと口唇を結んだ。おなじおおきな切れ長の紅玉が揺れている。
「きみは固すぎるんだよ。あいつとちょっとのま暮らすくらい自分へのご褒美だと思えばいい」
「…ご褒美?」
「人類の未来をリボンズの計画から取り戻したのは、きみだよ。そのきみが、なんでひとりここで耐えてなきゃならないのさ」
「ぼくだけのちからではないし、それにぼくは耐えているわけでは…」
「イノベイドとしての使命もいいけどさ。そればっかりじゃないだろ、ティエリア・アーデという存在は」
「きみの口からそんなことばを聞くとはね」
 噤んだ口唇に苦笑が浮かんだ。リジェネは抱きついたまま背後から最愛の対の頬に頬を寄せる。
「僕はね。ずっとずっとこのままきみといたいんだよ。わかってる? …ティエリア」
「…ああ」
「その僕が、こう云ってるんだ。僕がものわかりのいいふりをしているうちに行ったほうが身のためだよ?」
「……リジェネ」
 肩越しに胸に掛けて回されたリジェネの腕に、ティエリアが手指を添えてくる。擦り寄せられた頬に応えるように頸を回した。そのときだった。
「ティエリア」
 端末を通したニールの声がヴェーダに届いた。

「噂をすればなんとやら、だ」
 リジェネは片眉を擡げて皮肉めいた笑みを浮かべる。ティエリアはヴェーダと外部との回線を開いた。
「ただの定時連絡だ」
 先の戦闘で傷ついた母艦ソレスタルビーイングは、委譲された連邦政府の手によって修復されつつある。ただしそれは、連邦に開放されたヴェーダ本体と主立った居住空間のある艦船側だけだ。残り何割かの秘められた衛星側の修復は主にカレルが担っていて、現状、その監督をニールが買って出ているかたちになっていた。


 回線がつながった途端飛び込んできたホロモニターの映像に、ニールは一瞬報告しかけたことばを呑んだ。瓜二つのおもてが至近の距離で密着している。意識データであってさえなぜだか素通しの眼鏡を掛けたままの、四つの深紅の眸がニールを見遣った。
「……なにしてんだ、おまえさんたちは」
 あきれたようなどこか不機嫌さを滲ませた声に、リジェネはほくそ笑む。
「ただのスキンシップだよ。ねぇ、ティエリア?」
「リジェネ・レジェッタ」
 意識体なのだから実際のところはスキンシップもなにもあったものではないのだが、目に飛び込んでくる映像のインパクトというものは避けようがない。
「なんなら僕の口から云ってあげようか?」
 囁きながら背後から抱く腕をつよめる。
「よけいなことはしなくていい! …なにか報告用件はありますか、ロックオ…、ニール」
 ティエリアはそのリジェネを押し退けるでもなく、回されていたその腕を解くにとどめて、ニールを促した。
「いや、とくにはねぇな。カレルでの修復はほぼ予定どおりの進行だ。連邦さんのほうはやや手こずってるよう見受けるが」
「それは、そもそもこの艦はオーバーテクノロジーのかたまりですから、いたしかたないでしょう」
「このぶんじゃそっち側のほうがさきに終わっちゃいそうだね。そうしたら、きみはつぎになにをするつもりなのかな?」
 リジェネはチェシャ猫の笑みでおどけたようにニールに問う。
「そのときに考えるさ」
 こうしたやりとりは初めてのことではなかったから、ニールはかるく肩を竦めていつものように返した。
「リジェネ」
 ティエリアが咎めてくるのもいつものことだ。
「好きにしたらいいと云えば本気でこのままここに居座る気なんだよ、こいつは。ティエリア。きみにこうして触れられもしないのに」
 リジェネは解かれた腕でもういちどティエリアの肩を抱き込むと、片方の掌でよく似た優美な頬の稜線をなぞる。これ見よがしにちらりと視線をニールに投げて、そのままティエリアの顎を捉えてうすく色づく口唇を食んだ。




続   2012.04.08.

PR

草紙屋

おかいものかご 通販受付中

書店委託 サークルページ直通

次回参加イベント未定


◎寄稿
▽ 銀魂
コタ誕2 記念アンソロジー
桂総受けマイナーCPアンソロジー 桂独占禁止法

【頒布終了】発行日順
▼ 銀魂
坂桂アンソロ・宇宙☆キャプテン/『際涯』
高桂個人誌・花よりほかに知るひともなし/『切情』
銀桂小説アンソロジー・協奏曲/『闇照らす』
▼ OO
刹&ティエ・Star★Line 記念アンソロジー/『瞬きの間にひとは過ぎゆき』 さんぷる

 

銀)ものがたり

天涯の遊子 てんがいのゆうし
( )は主要登場人物
■ □:本篇  ◆ ◇:過去篇
● ○:番外篇  ★:番外桂誕2008

(はじめの手引)
金平糖・上・中・下(銀.桂.高)
遊興・1・2・3・4(坂.桂)
火影・上・中・下(高.桂)
蒸し羊羹(銀.桂.新.神.高)
仮寝・1・2・3・4(土.桂)
微酔・前・後(銀.桂)
雪白・1・2・3・4(沖.桂.銀.土)
源平梅(高.桂)
夜の猫(銀.桂)
星月夜・上・中・下(銀.桂)
桜狩(高.桂)
揺籃・1・2・3・4(坂.桂.銀.高.陸)
藪入り・1・2・3・4(銀.桂.エリ)
陽炎・1・2・3・4(土.桂.銀.近)
水際・上・中・下(高.桂.万.坂)
弦月・1・2・3・4(銀.桂.新.神.坂)
菖蒲湯(高.桂.銀)
落陽・上・中・下(沖.桂.銀)
小憩・上・中・下(坂.桂.エリ)
白皙・1・2・3・4・5・6・7(土.桂.高.山.沖.銀.ほか)
払暁・前・後(子銀.子桂.子高.松)
昔鏡・前・後(銀.桂.土)
萩の影(高.桂)
表裏・上・中・下(高.桂.エリ.坂.万)
白白・上・中・下(銀.桂.エリ.坂)
曙光・前・後(子銀.子桂.子高.松)
朧・1・2・3・4・5・6・7・8・9・10・11・12・13・14(銀.桂.土.新.神.長.沖.近.ほか)
虜囚・上・中・下(高.桂.万)
星合(○○.桂)
まほろば・1・2・3・4・5(銀.桂.白)
隻影(高.桂)
叢雲(銀.桂.土)
架橋・上・中・下(坂.桂)
昇日(子銀.子桂.松)
幻燈・前・後(土.桂.沖)

 

銀)あなざぁ

燎原に雪 りょうげんにゆき
*金魂・ガヤガヤ箱設定 連載

(晋.小太(ズラ子).金.辰.万)
壱-1-2-3・弐

一口話 ひとくちばなし
*設定外の突発短篇など

鈍色(高.桂.銀)
百八つ(銀.桂)
えりづら(エリ.桂)無配再録
▼ 二十万打御礼リク集
ひきがね(土.桂)
深酔い(土.桂)
夜行・前・後(沖.桂.銀)
以心伝心(銀.桂)
便りなし(銀.桂.神)
叢雲(銀.桂.土)天涯の遊子
お猫さま・前・後(坂.桂.銀)
錦上に花(土.桂.銀)
遥遠(高.桂.万.また.武)

 

だぶるおー

Armed angel 武装天使
(ニル.ティエ.刹.アレ.リジェ)
■:幕前 □:一期 ◆:幕間 ◇:二期 ●:幕後 ○:劇場版 ⊿:以降
00栞(はじめの手引)
遊泳する紫黒 オフ収録
天、落ちて・1 全6回オフ収録
容喙 - Don't meddle with us.・1 全3回オフ収録
Caress・1 全3回オフ収録
孤影を擁く・前 全2回オフ収録
昔日の残花・1 全3回オフ収録
いつかのあの日・1 全8回オフ収録
翻る揺り籃・1 全5回オフ収録
その手を伸べて・1 全7回オフ収録
Lost halcyon …・1 全3回オフ収録
天使は瞑目する オフ収録
乖離 〜天使の食卓・1 全4回オフ収録
Cemetery rain・前 全2回オフ収録
Affection・1 全4回オフ収録
Two phase オフ収録
◆◇ Beyond・1 全5回オフ収録
夜に踊る・1 全4回オフ収録
光は淡き・1 全4回オフ収録
いまふたたびの・1 全7回オフ収録
月満ちて時は欠け・1 全5回オフ収録
果てはなくとも・1 全6回オフ収録
Mutual love・1・2・3
Tieria・1・2・3
Double exposure・1・2・3・4
漣は遠くちかく・1 以降オフ収録

  +++++
番外 Armed angel 武装天使
Voice to fascinate オフ収録

 

ヴヴヴ

VVV ドルシアサイド/アドエル
(エルエルフ.アードライ.ハーノイン.イクスアイン.クーフィア.カイン.クリムヒルト.カーツベルフ)
◎ オフ本のサンプル
ヒカリノアリカ 導入部
コノテノナカニ 導入部
◎ 無配とか書きおろしとか
Natürliches tägliches Leben
Vor einer Strategie

 

書簡


お礼画面は気儘更新

 

筆者

別号:
かる
・・・
根っからの創作畑
なので続くか?消えるか?
の無計画出向

バナーほか、こちらから

karucafをフォローしましょう

かるのぴくしぶ

 

月の暦

03 2020/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

 

宝蔵

 

瓦版

創作offline(母家
□ 通販(別窓)
刊行本案内
おかいものかご
■ ダウンロード販売(別窓)
D-5,D-6,D-P

 

携帯版