忍者ブログ
きのうの読み返したら我ながらめっちゃ痛いなーと思った(笑)
どんだけ桂さん贔屓やねん。
桂さんひとことも喋ってないのに。(追記:現在軸で)

どう落とすか見えてこないけど、銀と晋がこれわかりあうとか無理やろ。
だってもうわかりあってんだもん。わかってて、でもおたがい否定しかできないんだもんよ。
このふたりではまえには進めない。進む気もたぶんないし。
ふたりとも、その部分はきっと桂さんに下駄をあずけてる。

あと塾生時代の三人がかわいすぎた。






天涯の遊子はもう過去設定が成り立たないし、これまでのように○○篇をそのつど追って隙間を埋めるように書くこともいまとなっては無理だけど、すっ飛ばして桂さんの行く末だけはきちんと収めたいかなぁ。という気持ちだけはある。原作を見届けてから。

でも自分のなかでは幼なじみずと桂さんとの相関そのものはあんまり変わってないのな…。
枝葉はまるでちがうんだけどその根幹が。ただそれが思った以上に深度があって、残酷だった。
まあそれやこれやは自分が感覚でふわっと捉えてるからなんだろうけど。自分のなかの桂像の本質的なものが揺るがなかったせいもあるし。

銀さんに夢を見られなくなったから銀桂ベースとして妄想譚を捏造できなくなったけど、この順序でこの状況だったなら銀さんが籠もった繭から出てこないのはもうしかたがないなと。
晋ちゃんの絶望が深い喪失から来ているのではなく銀さんとおなじく自己否定から来ているというのが、意外といえば意外で、でもそうとわかってみれば、引っ掛かっていたものがすとんと落ちてくる感じで。
あれを経て、いまなお銀さんのそばで片腕分の荷物を持ってやれたり、自分が叩っ切ると晋ちゃんに云える桂さんは…。あかん。また痛いこと云いかけた。

自分が桂受けを書きながらだれかひとりに絞れなかったのは、(だれといっしょになっても)桂さんはひとりだ、という自分のなかの認識を覆せなかったからなんだなぁ。と、あらためて。



ニールは死んじゃったけど復活させてまで話を紡げるくらいには夢を抱いてるし。ティエリアもひとり残されちゃったけど、彼にとってのニールという存在は揺るぎなくてかなしくてせつなくて、それをしあわせにしたくて、ふたりで生きていく未来を捏造している。
ニールは死にたがりだから、死なせない。まだ最後まで書いてないからあれだけど、このふたりは地に足をつけずに閉ざされた空間で添い遂げる。地に足をつけると、その生活のなかでニーさんがまた死の誘惑に囚われるからね。むしろてーちゃんの世界へ近づくことで、置いていって泣かせた責任をとってもらいますわ。


で、そうした社会との関わりを断たずに真っ正面からぶつからざるをえないのが、アードライとエルエルフかなぁ。攻めの資質の差が大きい。
アードライは内向しないからね。彼は内向してもそれを自ら乗り越えられたひとだから。それと公的な立場(への自負)というものを唯一持ち続けているひとだから、エルエルフとともに生きようとすればそれを曖昧なまま回避することはできないし。このふたりはそうした外界との軋轢と戦って払い除けていける。
じつのところ、カプを結婚させたり夫婦扱いするといったことへの嗜好がないのだけど、アドエルは婚姻を結んでパートナーになるんだよなぁ(ただし並の婚姻ではない)。なんか、そうなった。


どの攻めも自分勝手という点ではおなじなんですけどねぇ。
あとめちゃくちゃ受けのことが好き。いや、これはうちの絶対条件なので!そこは譲れない(笑)

受けの共通点はポテンシャルの高さですかね。
ひととしてつよく懐の深い桂さん。
人外だけどなにより人間を愛したティエリア。
愛を知らずに愛することの本質を知っていたエルエルフ。
美しさと賢さとそれをひとまわりした愚かしさ。
みんな自身のしあわせを求めることを知らない。

二次元の美形(受け)は狂っててなんぼですよ。
語弊があるかもだけど、ものすごくまっとうで、かつ狂気を内包してる。そこがいい。


PR

草紙屋

おかいものかご 通販受付中

書店委託 サークルページ直通

次回参加イベント未定


◎寄稿
▽ 銀魂
コタ誕2 記念アンソロジー
桂総受けマイナーCPアンソロジー 桂独占禁止法

【頒布終了】発行日順
▼ 銀魂
坂桂アンソロ・宇宙☆キャプテン/『際涯』
高桂個人誌・花よりほかに知るひともなし/『切情』
銀桂小説アンソロジー・協奏曲/『闇照らす』
▼ OO
刹&ティエ・Star★Line 記念アンソロジー/『瞬きの間にひとは過ぎゆき』 さんぷる

 

銀)ものがたり

天涯の遊子 てんがいのゆうし
( )は主要登場人物
■ □:本篇  ◆ ◇:過去篇
● ○:番外篇  ★:番外桂誕2008

(はじめの手引)
金平糖・上・中・下(銀.桂.高)
遊興・1・2・3・4(坂.桂)
火影・上・中・下(高.桂)
蒸し羊羹(銀.桂.新.神.高)
仮寝・1・2・3・4(土.桂)
微酔・前・後(銀.桂)
雪白・1・2・3・4(沖.桂.銀.土)
源平梅(高.桂)
夜の猫(銀.桂)
星月夜・上・中・下(銀.桂)
桜狩(高.桂)
揺籃・1・2・3・4(坂.桂.銀.高.陸)
藪入り・1・2・3・4(銀.桂.エリ)
陽炎・1・2・3・4(土.桂.銀.近)
水際・上・中・下(高.桂.万.坂)
弦月・1・2・3・4(銀.桂.新.神.坂)
菖蒲湯(高.桂.銀)
落陽・上・中・下(沖.桂.銀)
小憩・上・中・下(坂.桂.エリ)
白皙・1・2・3・4・5・6・7(土.桂.高.山.沖.銀.ほか)
払暁・前・後(子銀.子桂.子高.松)
昔鏡・前・後(銀.桂.土)
萩の影(高.桂)
表裏・上・中・下(高.桂.エリ.坂.万)
白白・上・中・下(銀.桂.エリ.坂)
曙光・前・後(子銀.子桂.子高.松)
朧・1・2・3・4・5・6・7・8・9・10・11・12・13・14(銀.桂.土.新.神.長.沖.近.ほか)
虜囚・上・中・下(高.桂.万)
星合(○○.桂)
まほろば・1・2・3・4・5(銀.桂.白)
隻影(高.桂)
叢雲(銀.桂.土)
架橋・上・中・下(坂.桂)
昇日(子銀.子桂.松)
幻燈・前・後(土.桂.沖)

 

銀)あなざぁ

燎原に雪 りょうげんにゆき
*金魂・ガヤガヤ箱設定 連載

(晋.小太(ズラ子).金.辰.万)
壱-1-2-3・弐

一口話 ひとくちばなし
*設定外の突発短篇など

鈍色(高.桂.銀)
百八つ(銀.桂)
えりづら(エリ.桂)無配再録
▼ 二十万打御礼リク集
ひきがね(土.桂)
深酔い(土.桂)
夜行・前・後(沖.桂.銀)
以心伝心(銀.桂)
便りなし(銀.桂.神)
叢雲(銀.桂.土)天涯の遊子
お猫さま・前・後(坂.桂.銀)
錦上に花(土.桂.銀)
遥遠(高.桂.万.また.武)

 

だぶるおー

Armed angel 武装天使
(ニル.ティエ.刹.アレ.リジェ)
■:幕前 □:一期 ◆:幕間 ◇:二期 ●:幕後 ○:劇場版 ⊿:以降
00栞(はじめの手引)
遊泳する紫黒 オフ収録
天、落ちて・1 全6回オフ収録
容喙 - Don't meddle with us.・1 全3回オフ収録
Caress・1 全3回オフ収録
孤影を擁く・前 全2回オフ収録
昔日の残花・1 全3回オフ収録
いつかのあの日・1 全8回オフ収録
翻る揺り籃・1 全5回オフ収録
その手を伸べて・1 全7回オフ収録
Lost halcyon …・1 全3回オフ収録
天使は瞑目する オフ収録
乖離 〜天使の食卓・1 全4回オフ収録
Cemetery rain・前 全2回オフ収録
Affection・1 全4回オフ収録
Two phase オフ収録
◆◇ Beyond・1 全5回オフ収録
夜に踊る・1 全4回オフ収録
光は淡き・1 全4回オフ収録
いまふたたびの・1 全7回オフ収録
月満ちて時は欠け・1 全5回オフ収録
果てはなくとも・1 全6回オフ収録
Mutual love・1・2・3
Tieria・1・2・3
Double exposure・1・2・3・4
漣は遠くちかく・1 以降オフ収録

  +++++
番外 Armed angel 武装天使
Voice to fascinate オフ収録

 

ヴヴヴ

VVV ドルシアサイド/アドエル
(エルエルフ.アードライ.ハーノイン.イクスアイン.クーフィア.カイン.クリムヒルト.カーツベルフ)
◎ オフ本のサンプル
ヒカリノアリカ 導入部
コノテノナカニ 導入部
◎ 無配とか書きおろしとか
Natürliches tägliches Leben
Vor einer Strategie

 

書簡


お礼画面は気儘更新

 

筆者

別号:
かる
・・・
根っからの創作畑
なので続くか?消えるか?
の無計画出向

バナーほか、こちらから

karucafをフォローしましょう

かるのぴくしぶ

 

月の暦

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
9 10 11 12 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

 

宝蔵

 

客足

 

瓦版

創作offline(母家
□ 通販(別窓)
刊行本案内
おかいものかご
■ ダウンロード販売(別窓)
D-5,D-6,D-P

 

携帯版