忍者ブログ
ついったに吐き出したもののまとめと追加。まとまってないけど。

とりあえず今シリーズの現在軸にこれまでヅラさんが絡んでこないわけはわかった気がする。

銀さんも晋ちゃんもものすごい自己否定なんだな。で、そのふたりがかろうじて生きているのはおなじ痛みも憎しみも苦しみも味わってきたはずの桂さんが、絶対的に銀さんの存在も晋ちゃんの存在も否定しないからなのだな。






その桂さんが同軸で生きているうちは、あのふたりは生きていられるし死ねないんだろう。
あの場に桂さんがいたらふたりは殴り合えないし否定し合えない。だって桂さんだけが、すべてを知りながらなお、自分という存在(が生きていること)を受容してくれてるから。

晋ちゃんにとっていまの自分は師の死と引き替えに生きた残骸で、桂さんはそれを分かち合って死ねなかったかたわれで。
銀さんにとっていまの自分は師の言葉を遂行して生きた残骸で、桂さんはそれをただ受け容れてくれて(おまえがいちばん)つらかったねとあたまを撫でてくれる。

銀さんが万事屋という繭のなかに籠もろうとするのも、晋ちゃんが鬼兵隊という鎧を纏ってぶっ壊そうとうごくのも、本質的なところではおなじなんじゃないのかな。


あれを味わって、いま現在をああ生きられる桂さんの存在そのもののつよさがハンパない。
でもじゃあ、ヅラさんはやっぱりひとりで歩いて行くしかないね?

憎しみとか怒りとか呪いとか自己否定とか拳でぶつけられるあいてがいるぶんいいじゃん…。自分だけで手一杯なままなのはやむをえないし。ふたりはもうそれでいいじゃん…。
つくづく、桂さんは救済する側の存在なのだなぁ。される側ではないのだ…。彼のばけものじみたつよさが、ひととしての弱さをくるんでくれる存在を遠ざける。
桂さんがそれをわかってて達観して受け容れてるならいいけど、それが諦念から来るものならつらい、かな。
人間なのに、存在の意味が人間じゃないという、すごさ。

銀さんや晋ちゃんには桂さんのような幼なじみがいてよかったね、といえるけど。
桂さんはあの幼なじみずを死ぬまでというか死んでも見捨てないだろうけど。



銀さんと晋ちゃんのつらさを理解できるのは桂さんだけだ。
たしかに、甘っちょろいもんじゃねぇんだよ、俺たちは。なのだ。

でも桂さんのつらさは、銀さんにも晋ちゃんにも、たぶん一生わからない。

わかってもらおうと、桂さん自身が思ってない。
わかってくれなくていい!とか、わかるものか!とか、わかってたまるか!ではなくて、ただたんに、わからないことをあたりまえに捉えてる。
そこが桂さんの桂さんたるゆえんなんや…。





銀さんはさぁ、美しく生きようじゃねぇかって、攘夷戦争末期に自決を考える桂さんを生かしたわけだけど。あれは自分たちが生きたかったわけじゃなくて桂さんを死なせないための方便だ。
それよりまえのこのとき、先生の言葉を遂行するに当たって、晋ちゃんと桂さんを死なせたくなかったからこそ、自分たちが生き存えるほうを択んだわけだよね。
どんだけ桂さんに生きてて欲しかったかって話ですよ。
なのに(こんな無力な)自分が生きてしまっている理由もそこにあって。つらくて逃げ出した。自分はもうヅラさんを護れないけど、それでもヅラさんには死なないで欲しい、と。
だれよりヅラさんに夢見てだれより美しい存在だといまも思ってる。

晋ちゃんのほうはもっとこう、なんといったらいいか。
むかしからいっしょにいて、いっしょに先生のもとへ走って、いっしょに先生のいのちと引き替えに生き存えてしまった、という。ずっと近しくそばにいた、存在としての片破れ感がつよい。
先生のいのちと引き換えてまで自分は生きたくなかったけど、おなじ立場のヅラさんが生きているから、(こんな不甲斐ない)自分が生きてしまっていることをかろうじて許容できてるというか。
途を違えようとヅラに討たれようと、晋ちゃんのなかでは桂さんという存在はずっとおなじ場所に在って、不変なんじゃないかのな。


すべてを呑み込める桂さんのつよさは、持って生まれたものを幼少期の体験と攘夷時代の経験とで磨き上げられたものなのだろうなぁ。
天然通り越したばかさ加減も、滑稽なまでの一途さも、腹黒さも、なにがあっても揺らがない桂さんは桂さんでしかないし、桂さん以外のものにはなれない。それが幸でも不幸でも。



だから銀さんは、桂さんに夢を見つづけるしおのれの理想を背負わせる。
だから晋ちゃんは、銀さんや世界に向ける拳も刃も桂さんにはけして向けない。



PR

草紙屋

おかいものかご 通販受付中

書店委託 サークルページ直通

次回参加イベント未定


◎寄稿
▽ 銀魂
コタ誕2 記念アンソロジー
桂総受けマイナーCPアンソロジー 桂独占禁止法

【頒布終了】発行日順
▼ 銀魂
坂桂アンソロ・宇宙☆キャプテン/『際涯』
高桂個人誌・花よりほかに知るひともなし/『切情』
銀桂小説アンソロジー・協奏曲/『闇照らす』
▼ OO
刹&ティエ・Star★Line 記念アンソロジー/『瞬きの間にひとは過ぎゆき』 さんぷる

 

銀)ものがたり

天涯の遊子 てんがいのゆうし
( )は主要登場人物
■ □:本篇  ◆ ◇:過去篇
● ○:番外篇  ★:番外桂誕2008

(はじめの手引)
金平糖・上・中・下(銀.桂.高)
遊興・1・2・3・4(坂.桂)
火影・上・中・下(高.桂)
蒸し羊羹(銀.桂.新.神.高)
仮寝・1・2・3・4(土.桂)
微酔・前・後(銀.桂)
雪白・1・2・3・4(沖.桂.銀.土)
源平梅(高.桂)
夜の猫(銀.桂)
星月夜・上・中・下(銀.桂)
桜狩(高.桂)
揺籃・1・2・3・4(坂.桂.銀.高.陸)
藪入り・1・2・3・4(銀.桂.エリ)
陽炎・1・2・3・4(土.桂.銀.近)
水際・上・中・下(高.桂.万.坂)
弦月・1・2・3・4(銀.桂.新.神.坂)
菖蒲湯(高.桂.銀)
落陽・上・中・下(沖.桂.銀)
小憩・上・中・下(坂.桂.エリ)
白皙・1・2・3・4・5・6・7(土.桂.高.山.沖.銀.ほか)
払暁・前・後(子銀.子桂.子高.松)
昔鏡・前・後(銀.桂.土)
萩の影(高.桂)
表裏・上・中・下(高.桂.エリ.坂.万)
白白・上・中・下(銀.桂.エリ.坂)
曙光・前・後(子銀.子桂.子高.松)
朧・1・2・3・4・5・6・7・8・9・10・11・12・13・14(銀.桂.土.新.神.長.沖.近.ほか)
虜囚・上・中・下(高.桂.万)
星合(○○.桂)
まほろば・1・2・3・4・5(銀.桂.白)
隻影(高.桂)
叢雲(銀.桂.土)
架橋・上・中・下(坂.桂)
昇日(子銀.子桂.松)
幻燈・前・後(土.桂.沖)

 

銀)あなざぁ

燎原に雪 りょうげんにゆき
*金魂・ガヤガヤ箱設定 連載

(晋.小太(ズラ子).金.辰.万)
壱-1-2-3・弐

一口話 ひとくちばなし
*設定外の突発短篇など

鈍色(高.桂.銀)
百八つ(銀.桂)
えりづら(エリ.桂)無配再録
▼ 二十万打御礼リク集
ひきがね(土.桂)
深酔い(土.桂)
夜行・前・後(沖.桂.銀)
以心伝心(銀.桂)
便りなし(銀.桂.神)
叢雲(銀.桂.土)天涯の遊子
お猫さま・前・後(坂.桂.銀)
錦上に花(土.桂.銀)
遥遠(高.桂.万.また.武)

 

だぶるおー

Armed angel 武装天使
(ニル.ティエ.刹.アレ.リジェ)
■:幕前 □:一期 ◆:幕間 ◇:二期 ●:幕後 ○:劇場版 ⊿:以降
00栞(はじめの手引)
遊泳する紫黒 オフ収録
天、落ちて・1 全6回オフ収録
容喙 - Don't meddle with us.・1 全3回オフ収録
Caress・1 全3回オフ収録
孤影を擁く・前 全2回オフ収録
昔日の残花・1 全3回オフ収録
いつかのあの日・1 全8回オフ収録
翻る揺り籃・1 全5回オフ収録
その手を伸べて・1 全7回オフ収録
Lost halcyon …・1 全3回オフ収録
天使は瞑目する オフ収録
乖離 〜天使の食卓・1 全4回オフ収録
Cemetery rain・前 全2回オフ収録
Affection・1 全4回オフ収録
Two phase オフ収録
◆◇ Beyond・1 全5回オフ収録
夜に踊る・1 全4回オフ収録
光は淡き・1 全4回オフ収録
いまふたたびの・1 全7回オフ収録
月満ちて時は欠け・1 全5回オフ収録
果てはなくとも・1 全6回オフ収録
Mutual love・1・2・3
Tieria・1・2・3
Double exposure・1・2・3・4
漣は遠くちかく・1 以降オフ収録

  +++++
番外 Armed angel 武装天使
Voice to fascinate オフ収録

 

ヴヴヴ

VVV ドルシアサイド/アドエル
(エルエルフ.アードライ.ハーノイン.イクスアイン.クーフィア.カイン.クリムヒルト.カーツベルフ)
◎ オフ本のサンプル
ヒカリノアリカ 導入部
コノテノナカニ 導入部
◎ 無配とか書きおろしとか
Natürliches tägliches Leben
Vor einer Strategie

 

書簡


お礼画面は気儘更新

 

筆者

別号:
かる
・・・
根っからの創作畑
なので続くか?消えるか?
の無計画出向

バナーほか、こちらから

karucafをフォローしましょう

かるのぴくしぶ

 

月の暦

06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

 

宝蔵

 

瓦版

創作offline(母家
□ 通販(別窓)
刊行本案内
おかいものかご
■ ダウンロード販売(別窓)
D-5,D-6,D-P

 

携帯版