忍者ブログ
「天涯の遊子」土桂篇。4回に分割。
土方と桂。山崎の出番がちょこっと。
桂の江戸潜伏後あたりから、紅桜直後まで。時系列。



 かたちのよい口唇が、すっと横に引かれて、笑みをかたちづくる。眸には嘲るような揶揄かうような色があった。
「遅い」
気づくのが。土方は歯噛みする。まったくそのとおりなので、返すことばがない。なんだって、自分はこいつに見惚れたりなどしたんだ。目のまえの憎々しげな顔を見つめて、土方は激しく悔やんだ。すまねぇ、近藤さん。
「狗。手柄にしそこねたな」
「まったくだ。てめぇをパクってりゃ、大将の株が上がったろうによ」
「ほう?」
意外なことでも聞いたかのように桂が目を眇めた。
「狗にしては殊勝な心がけだ。おのが立身より主(あるじ)の出世か」
「だまれ。屋根から落っこちるような間抜けテロリストに云われたかねえ」
「間抜けテロリストじゃない。攘夷志士、桂だ。ふん。それを不様に受けとめ損ねたような貴様に云われる筋合いはない」
「ああ? なんだって俺がてめぇを受けとめなきゃならねぇんだよっ」
「ひとが落ちてきたら、黙ってそうするのが侍というものだろう」
「どういう理屈だ、それは」
「やはり芋侍に、侍の心根を求めるのがまちがいだったか」
「かんけーねぇだろ。そりゃ。さっきから狗だの芋だの好き放題云いやがって」
 どうにも、調子が出ない。話すほどに桂のペースに巻き込まれていく気がするが、なまじ知らず見惚れてしまったほどの容姿なものだから、云われっぱなしなのも癪に障る。土方は律儀に応対した。少しでもこの場に引き止めておこうという考えもあった。そのうち仲間が桂を追って、あるいは土方を捜しにやってくるかもしれない。だが見透かしたように桂はそこで、踵を返す。
「無駄だ。追っ手はとうに撒いた。貴様も帰り道に迷うなよ、芋侍」
云い捨てて、桂の姿は夕間暮れの路地の向こうに消えた。

 ほうぅ、と大きな溜息が出る。そこで初めて、自分が緊張していたことに、土方は気づいた。緊張?いったいなにに? 土方は自問する。
「あのやろう、殺気のかけらもなかったってぇのに」
 土方の右手を封じたから、というだけでなく、桂は土方に対して、敵愾心を向けてこなかった。土方にというより真選組自体に向けられる、敵意をさほど感じなかったというべきか。桂のそれは、煩い蠅を払い除けるに似た、感覚なのもしれない。追われるから逃げる。邪魔をされれば刀を抜くが、捕まるわけにはいかないから、ただ真選組を鬱陶しがっているだけなのだ。
「ちっくしょう。歯牙にもかけねぇってことか。攘夷の英雄さんはよぉ」
こっちは目の敵にして、必死で追ってるってえのに。
「あんな、どっかしら抜けてんのに」
 殺気はなかった。が、隙もなかった。
 いうならば、ただその存在感に気圧されたのだ。数多の修羅場をくぐり抜けてきた人間だけが持ちうる、存在そのものの気が、土方に緊張を強いた。
「なさけねぇ」
なにに対してそうつぶやいたのか。その真意を土方自身まだ気づけずにいた。


* * *

 

 あれから、桂のことが頭から離れない。
 なつかしく愛おしいものを見るような眼差し。その視線を絶った哀切な横顔。ぐったりと睫の影を落とした頬。黒い髪から覗いた白いうなじ。おのれを見た嘲笑とも揶揄ともとれる目顔。鮮やかな身のこなしと纏う涼やかな気配。なのにあのネジの弛んだような抜けた感覚。反しておのずと身を律する圧倒的な存在感。
 そのどれもが、手配写真ではない生身の桂を土方に実感させ、消し去ろうとしても消えてくれない。捕まえてしまえば、こんな半端な感覚に悩まされずにすむと思うくせに、捕まらない桂に安堵したりする。おのれのこころのうごきを持て余し気味だった。
 以前にはありえなかった、桂のリアルな存在感に、土方は途方にくれた。

 どうかしている。なにに、自分はそんなにこだわっているのか。リアルな桂がなんだというのだ。桂の過去も現在も、自分のあずかり知るところではないはずだ。あれはただの犯罪者だ。そう云いきかせる。だがいくら云いきかせたところで、まるきり書類上の存在だったころには戻らないことを、土方は知っていた。戻れないことを、知ってしまっていた。


* * *



 橋のなかほどに、倒れ蹲る人影があった。夜の巡回中、土方はそれをみつけた。
 笠、羽織り、帯刀。流れでる血。斬ばらな黒髪。
 辻斬りが横行していた。最初は死体かと思った。近づくと、だが息があった。うつぶせたままのその顔に、土方は息を呑んだ。軽く揺すって、声を掛ける。かすかな返事が返った。
 土方ひとりであったことが幸いした。幸いした、となぜ思ったか、その理由を自らに問うことはしなかった。

 夜の町を人目をはばかるように、自失した桂を抱きかかえ、なじみの宿に運び込んだ。女と過ごすのに利用するような場所だから、いちいち詮索されたりもしない。宿の造りは和風だが個々に施錠もできる。
 出血の場所をあらためて、止血と応急処置とを施す。潜りの医者に診せることも考えたが、桂とおのれ、双方の立場を顧みて、止めにした。幸い刀傷は、急所までにはいたっていない。懐に切れた冊子があった。これで命を拾ったか。もしここで死ぬようなら、桂の命運もそれまでだったということだ。否。そもそも土方がみつけた時点で、そうなっていたはずだった。そうなっていなければならなかったのだ。本来なら。
 

 夜半過ぎには発熱していた。このまま熱が引かなければまずいことになるかもしれない。翌早朝、とりあえず薬だけは調達した。官医ではなく、懇意の町医者からだ。土方が仕事柄、理由を明かせぬ事情でやっかいになることもある、老医師だった。朝っぱらからたたき起こされたことへの文句を云いつつも、今回も深い事情までは質さずに、説明した刀傷の状態と症状とから、処方してくれた。
 桂の意識が戻らないのでひとまず塗り薬だけを施して、水差しとコップと薬とを枕元に置いておく。とりあえず、仕事に出ねばならない時間だった。
 素知らぬ顔で屯所に顔を出す。あまり眠っていないが、気が張っているのか眠気は催さなかった。ようやっと一日の勤めを終えて、そそくさと帰り支度をする土方に、山崎が声を掛けてきた。
「副長、きょうは外でお泊まりですか」
これですか?、と書類を手にしたまま小指を立てて示してくる。
「まあ、そんなもんだ」
銜え煙草で、曖昧にこたえる。女と思われるなら、そのほうが都合がいい。
「よっぽど、いいおんななんですね。そんなふうにいそいそと身支度する副長なんて、めずらしいですよ」
 煙草がぽろりと口から落ちた。あわてて、銜えなおす。そんなふうに、見えたのだろうか。
「いいなぁ。うらやましい。僕も自分を待ってる女性のもとに帰ってみたいですよ」
土方の動揺をよそに、とんちんかんなことを云って、山崎は書類を抱えたまま詰め所へと消えた。

 宿へ戻ると、朝とたがわぬ状態で桂はいた。水も薬も手つかずのままだ。
 その枕元で、コンビニで買った弁当をひろげる。朝は薬の調達にでて摂る時間がなかったし、昼も適当で仕事の片手間に軽食を口にしただけだったから、いいかげんちゃんと食わないと、と思って買い出ししてはきたものの。
「あんまり、すすまねぇな」
マヨネーズをかけまくっても湧かない食欲に、無理矢理に箸を付けてぼそぼそと口に押し込む。目のまえに横たわる桂の血の気の失せた顔を見つめながらでは、食う気が起きねぇのも無理からぬことかと、ひとりごちる。
「早く、目ぇさませよ。ったく」
 あの眸が、見たい。愛惜、哀切、嘲笑、揶揄、啓蒙、達観、なんでもいいから。強い意志の光を宿すあの眸を、見たいと切実に土方は思った。
 桂が目覚めれば、この状況をどう説明するのか。そのさきどうしようというのか。そんなやっかいな事態が待ってはいたが。そんなことより、ただ目覚めて欲しかった。それだけを思って、土方はそれからの二晩を過ごした。


 朝夕に傷口をあらため、薬を塗り、包帯を替える。昼は仕事、夜は枕元に座して、時折、額の手ぬぐいと氷嚢をとりかえる。熱に乾いた口唇は濡れ布巾で湿らせ、わずかばかりの水分を摂らせた。ほかにすることもなく、する気もおきなかった。土方もさすがにうつらうつらと、船を漕ぐ。
「………き」
 ふいに、桂の口唇がうごいた。気づいた土方が、あわてて声を掛ける。意識を取り戻したかに見えたが、高熱と痛みからか朦朧としたままで、夢と現とを往復しているようだった。
「ほら、口開けろ。飲め。薬だ。楽になる」
 意識のある間を見計らってそう声にして、処方された丸薬を口許へ運ぶ。桂は、視線はこちらに向けるが、焦点は定まらないままだ。
「……ぎん? …しん…すけ? たつま?」
 聞き取れるか取れないかというほどの、か細い声で、名を紡ぐ。
「…だれ…だ?」
しんすけ、というのは高杉晋助のことだろうか。土方にはあとは耳慣れない名だった。攘夷戦争のころと意識が錯綜しているのかもしれない。土方は一瞬迷って、ことばを濁した。
「…俺だ。いいから、飲め」
 桂の半身を抱き起こして、口に丸薬を押し込む。水の入ったコップを口に付けてやるが、丸三日、飲まず食わずで熱に浮かされていたのだから、飲み込むだけのちからがない。やむをえず、土方は桂の顎を捉えて仰向かせる。軽く抑えて開かせた口唇に、おのが口に含んだ水を含ませ、そのまま舌を差し入れて、桂の舌にのせた丸薬をのどの奥まで押し込んだ。桂がそれを嚥下するのを確認して、口唇を放す。口の端から零れた水滴を指先で拭った。
「…? な…んだ? なにを…」
「だから、薬だ。痛み止めと化膿止め。もうちょっと待って、熱が下がらなけりゃ、解熱剤も飲ませるからな」
 そういって、もとのように桂の身を横たわらせる。
「くすりは…きらいだ」
幼子のような口調になった。
「だからよ。好き嫌いの問題じゃねぇのよ、いまは。いやなら早く治すこったな」
ぷぅ、と小さくふくれる。ちからのないしぐさだが、会話の意味はわかっているようだ。だがおそらく相手が土方だとまでは、わかっていない。でなければ、こんな表情や態度を見せるわけがない。
 捲れたふとんをかけなおして、ぽんぽんと赤子をあやすように叩く。ほどなく薬が効いてきたのか、桂はうつらうつらしながらやがて寝入った。寝息を確かめて離れようとした土方は、ぎょっとしてその場に固まった。ふとんに掛けていた指を離そうとした瞬間、桂の手がそれを阻んだからだ。
「…!?」
 以前の路地でのことが頭をよぎり、もういちど桂の寝息を確かめる。やはり、眠っている。薬を飲ませるまえよりか幾分呼吸も楽になったように思う。なんのことはない、無意識の行動だったのだ。おのれの指にしかと絡ませた桂の手指に、それを外すこともできず、土方は苦笑した。
「…ったく。だれと、まちがえてんだ。桂?」
 なんといったか。晋助と、たつま、に、ぎん、だったか。攘夷をともに闘った男たちの名か。思い浮かべそう考えたとき、胸に鋭い痛みが走った。その痛みに、土方は気づかないふりをした。

 目覚めた桂が正気を取り戻したら、どうするだろう。いや、それよりもおのれこそ、どうしようというのか。自分のした行動の理由など、土方自身説明のつく感情からでたものでは、ないのだから。




続   2008.01.22.


PR

草紙屋

おかいものかご 通販受付中

書店委託 サークルページ直通

次回参加イベント未定


◎寄稿
▽ 銀魂
コタ誕2 記念アンソロジー
桂総受けマイナーCPアンソロジー 桂独占禁止法

【頒布終了】発行日順
▼ 銀魂
坂桂アンソロ・宇宙☆キャプテン/『際涯』
高桂個人誌・花よりほかに知るひともなし/『切情』
銀桂小説アンソロジー・協奏曲/『闇照らす』
▼ OO
刹&ティエ・Star★Line 記念アンソロジー/『瞬きの間にひとは過ぎゆき』 さんぷる

 

銀)ものがたり

天涯の遊子 てんがいのゆうし
( )は主要登場人物
■ □:本篇  ◆ ◇:過去篇
● ○:番外篇  ★:番外桂誕2008

(はじめの手引)
金平糖・上・中・下(銀.桂.高)
遊興・1・2・3・4(坂.桂)
火影・上・中・下(高.桂)
蒸し羊羹(銀.桂.新.神.高)
仮寝・1・2・3・4(土.桂)
微酔・前・後(銀.桂)
雪白・1・2・3・4(沖.桂.銀.土)
源平梅(高.桂)
夜の猫(銀.桂)
星月夜・上・中・下(銀.桂)
桜狩(高.桂)
揺籃・1・2・3・4(坂.桂.銀.高.陸)
藪入り・1・2・3・4(銀.桂.エリ)
陽炎・1・2・3・4(土.桂.銀.近)
水際・上・中・下(高.桂.万.坂)
弦月・1・2・3・4(銀.桂.新.神.坂)
菖蒲湯(高.桂.銀)
落陽・上・中・下(沖.桂.銀)
小憩・上・中・下(坂.桂.エリ)
白皙・1・2・3・4・5・6・7(土.桂.高.山.沖.銀.ほか)
払暁・前・後(子銀.子桂.子高.松)
昔鏡・前・後(銀.桂.土)
萩の影(高.桂)
表裏・上・中・下(高.桂.エリ.坂.万)
白白・上・中・下(銀.桂.エリ.坂)
曙光・前・後(子銀.子桂.子高.松)
朧・1・2・3・4・5・6・7・8・9・10・11・12・13・14(銀.桂.土.新.神.長.沖.近.ほか)
虜囚・上・中・下(高.桂.万)
星合(○○.桂)
まほろば・1・2・3・4・5(銀.桂.白)
隻影(高.桂)
叢雲(銀.桂.土)
架橋・上・中・下(坂.桂)
昇日(子銀.子桂.松)
幻燈・前・後(土.桂.沖)

 

銀)あなざぁ

燎原に雪 りょうげんにゆき
*金魂・ガヤガヤ箱設定 連載

(晋.小太(ズラ子).金.辰.万)
壱-1-2-3・弐

一口話 ひとくちばなし
*設定外の突発短篇など

鈍色(高.桂.銀)
百八つ(銀.桂)
えりづら(エリ.桂)無配再録
▼ 二十万打御礼リク集
ひきがね(土.桂)
深酔い(土.桂)
夜行・前・後(沖.桂.銀)
以心伝心(銀.桂)
便りなし(銀.桂.神)
叢雲(銀.桂.土)天涯の遊子
お猫さま・前・後(坂.桂.銀)
錦上に花(土.桂.銀)
遥遠(高.桂.万.また.武)

 

だぶるおー

Armed angel 武装天使
(ニル.ティエ.刹.アレ.リジェ)
■:幕前 □:一期 ◆:幕間 ◇:二期 ●:幕後 ○:劇場版 ⊿:以降
00栞(はじめの手引)
遊泳する紫黒 オフ収録
天、落ちて・1 全6回オフ収録
容喙 - Don't meddle with us.・1 全3回オフ収録
Caress・1 全3回オフ収録
孤影を擁く・前 全2回オフ収録
昔日の残花・1 全3回オフ収録
いつかのあの日・1 全8回オフ収録
翻る揺り籃・1 全5回オフ収録
その手を伸べて・1 全7回オフ収録
Lost halcyon …・1 全3回オフ収録
天使は瞑目する オフ収録
乖離 〜天使の食卓・1 全4回オフ収録
Cemetery rain・前 全2回オフ収録
Affection・1 全4回オフ収録
Two phase オフ収録
◆◇ Beyond・1 全5回オフ収録
夜に踊る・1 全4回オフ収録
光は淡き・1 全4回オフ収録
いまふたたびの・1 全7回オフ収録
月満ちて時は欠け・1 全5回オフ収録
果てはなくとも・1 全6回オフ収録
Mutual love・1・2・3
Tieria・1・2・3
Double exposure・1・2・3・4
漣は遠くちかく・1 以降オフ収録

  +++++
番外 Armed angel 武装天使
Voice to fascinate オフ収録

 

ヴヴヴ

VVV ドルシアサイド/アドエル
(エルエルフ.アードライ.ハーノイン.イクスアイン.クーフィア.カイン.クリムヒルト.カーツベルフ)
◎ オフ本のサンプル
ヒカリノアリカ 導入部
コノテノナカニ 導入部
◎ 無配とか書きおろしとか
Natürliches tägliches Leben
Vor einer Strategie

 

書簡


お礼画面は気儘更新

 

筆者

別号:
かる
・・・
根っからの創作畑
なので続くか?消えるか?
の無計画出向

バナーほか、こちらから

karucafをフォローしましょう

かるのぴくしぶ

 

月の暦

06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

 

宝蔵

 

瓦版

創作offline(母家
□ 通販(別窓)
刊行本案内
おかいものかご
■ ダウンロード販売(別窓)
D-5,D-6,D-P

 

携帯版