忍者ブログ
「天涯の遊子」土桂篇。全4回。
土方と桂。
桂の江戸潜伏後あたりから、紅桜直後まで。時系列。



「…………らい」
「…もざむらい」
「起きろ、芋侍」
 だんだんに近づく声に、はっとして土方は目を開けた。あわてて身を起こし左右を見る。あのまま寝ちまったのか。そのとおり、目のまえに、ふとんに半身を起こした桂の姿があった。
「これは、どういうことだ?」
声にも少しちからが戻ってきている。目線で、絡ませたままのおたがいの手指を示した。
「どう、って。これはてめぇが、放しやがらねえから…」
「おれが? ふざけたことを抜かすな。おおかた怪我人相手によからぬことを考えてだな」
感情を乗せぬ表情で、本気とも冗談ともつかぬ口調で云ってくる。
「だっ。どっちがだ。ふざけんな。てめぇが誰かとまちがえて、縋ってきたんだろうが!」
いまさらにあわててはねのけようとして、土方は桂が真顔に変わったのを見た。
「だれと、だと?」
 こんどは意図的に絡めとられた指に、ちからがこもる。長い指先。刀を扱う人間とはいえ、傷病人とは思えぬちからだった。
「俺が知るか」
「なにか、云ったか。おれは」
目を据えて、桂は真正面から土方の視線を捉えた。痛いほどに絡められた指。逃れようにも逃れられない。というか、近い。近い近い、近い。
「知らねぇよ。晋助…高杉と、あとぎんとかたつとか、そんなような名まえだ」
「…………」
 ああ、そうか。ふいに、桂の懸念に、土方は思い至った。
「いまさら、攘夷戦争時代の仲間の名ぐれぇで、しょっぴいたりしねえから、安心しろ」
「…とうぜんだ。そのような愚行を冒してみろ。天に代わってこの桂小太郎が誅してくれる」
淡々と、だが背筋を凍らせるほどの、声音で云った。

「おめぇよ、そんなこと抜かせる立場だと、いま、思ってんのか?」
 桂のかつての戦友へのおもいの深さを垣間見せられて、土方のなかのなにかが軋んだ。気分がささくれ立つのを止められない。
「さて、な。みたところ屯所ではないし、貴様におれを捕らえる気があるのなら、軍医のところか警察病院にでも放り込んでいるだろうしな」
「…………ぅ」
云って桂は、ようやく土方の指を解放した。
「だから、まあ、抜かせる立場だと思うが。貴様こそ、どう説明する気だ?」
「………」
 内心怖れていた問いを面と向かって投げられて、土方は返答に窮した。血行の止まったようなおのれの指を揉んでほぐしながら、目を彷徨わせる。だがそのことにはさして関心がなかったのか、桂は答えを待たずに続けた。
「まぁどうやら不覚にも、貴様にたすけられたようだが。…何日眠っていた?おれは」
「きょうを数えて4日だ」
「4日…か。どの程度、ことがうごいているか、だな…」
 目線を遠くに馳せて、桂がつぶやく。正気づいたとたんに、これか。気にくわねえ。なにかをたくらんでやがる。
「…信じるのか」
「うん?」
「俺のことばを、あっさり信じるのかよ」
目のまえの土方の思惑など、このおとこには些末なことなのか。
「…妙なことを。貴様がいまここで日数をごまかすことになんの益がある? よしんば偽りであろうと、ここをでれば、すぐに知れることだ」
「俺がおめぇを、あっさりここから逃すとでも?」
「……」
「俺が屯所に連絡入れて、わざとここに匿ってるとは考えねぇのか」
「なんのためにだ?」
「それは、つまりだ。おめぇを油断させるためとか」
桂はくすりと笑う。
「なんのために油断させる?おれは怪我人だぞ。しかも意識を失っていた。そんな回りくどい上に意味のない手段など、とるようなら真選組は馬鹿で阿呆の集団だ」

 そりゃそうだろう。土方自身、ただその場の思いつきで喋っているという自覚があった。だがそうしなければ、いられなかっただけだ。なぜ。なんのために。
「俺個人が、匿ってるとしたら、その理由はなんだ?」
「……自分の胸に聞け。芋侍」
「俺が、おめぇをここから出す気はないとしたら?」
「その気なら、怪我人の傍で寝こけたりはするまいよ」
「…………」
「さっきから、おまえは自分でも答えの出せないことをおれに訊ねてきているな」
 土方は知らず赤面する。桂はさらりと云い足した。
「まあいい。ついでにもう数日、療養させてもらおう。狗の息のかかった場所におれがいようとはだれも思うまいからな。ちゃんとうごけるようにならなくては、為すべきことも成せん。そのあいだにゆっくり考えろ」
 そういって、桂は床(とこ)に寝直した。痛みに顔をしかめたが、自由になるほうの片半身で身を支えて、ふとんに潜り込む。
「ゆっくり、って、てめぇなぁ。何様のつもりだ」
肩先まで掛け布団を引き寄せて、目を閉じた。
「何様のつもりでもない。桂だ。貴様にも必要な時間と思うが、ちがうか?」
応えられなかった。そのとおりだった。土方が、おのれのした行動の意味付けにせよ、つじつま合わせにせよ、するには時間は足りないくらいだ。
「桂。…ひとつだけ、聞かせろや」
「なんだ」
 目を閉じたまま、応える。疲労の影が濃い。あたりまえだ。ついさっきまで意識不明も同然だったのだ。あまりにも桂がふつうに会話していたので、つい土方は、桂のからだが衰弱していることを失念していた。
「おめぇを襲ったのは、件の辻斬りか。そいつの面は割れてんのか」
桂が薄目を開けて、微笑した。ようやく発せられた土方のまともな問いに、
「世話になった礼に、教えてやろう。鬼の副長殿」
あくまで尊大な口調で、だがはじめて、狗だの芋侍だのとの呼称を、桂は口にしなかった。


「蕎麦が食いたい」
「ああ? ぜいたく云ってんじゃねえぞ。こら。ひとにメシ運ばせといて」
 土方が屯所帰りに調達してきたコンビニの袋を覗いて、桂が文句を云う。
「ふん。敵に対する調べが足りんな。おれが蕎麦を好むことくらい、周知かと思ったが」
「だあっ。わかったよ。買ってくりゃいいんだろ、買ってくりゃ」
土方がやけになって、買いに戻ろうとするのへ、
「明日でよい」
云って、がさごそと、袋の中身を卓へ並べはじめた。
「てめぇがいま、食いたいと云ったんだろうが」
「これらが、もったいないではないか。せっかく貴様が買ってきたものを」
 桂は、部屋に設えてある急須に土方の買ってきた茶葉を入れ、電気ぽっとのお湯を注ぐ。揃いの茶器の湯呑みにふたりぶんの茶を淹れた。
「傷口は、痛まねぇのか。そんな、うごいて」
妙にくすぐったい気分になるのを紛らすように云って、土方は卓についた。
「痛まぬわけがなかろう。まあ、手当てがよかったらしいな。うごけぬ痛みではない」
「そーかよ。そりゃ、よかったな」
ぶっきらぼうに云うのへ、桂が思い出したように笑う。桂がふつうに笑うのを、はじめて土方は見た。
「な、んだよ。気色悪ぃな」
「どうも、どこかしら誰かに似ていると思ったんだ」
「ああ?」
「いや、いい。気にするな。こちらの話だ」
まだくすくす笑いながら、云うものだから
「気になるだろうがよ。だれが、だれに似てるって?」
「貴様が、古い友人に、な」
熱に浮かされた桂が、つぶやいたいくつかの名を思い出した。
「そりゃ、あれか。攘夷の戦友か、なにかか」
「そうなるが、まあ、幼なじみだ」
 ああ、やべぇ。反射的に、土方は思った。
 そりゃ、いるよな、幼なじみぐらい。土方に、近藤や沖田という存在があるように。桂にも、こころを許せる存在がある。そんな、これ以上、桂のひととしての部分に触れるようなことは、土方の抱く昏迷の度を増すだけだというのに。なんで俺は、ままごとみたいに、こんなところで、こいつとメシ食ってんだろ。

 だいたい、こいつのこの順応性の高さはなんだ。警戒心を完全に解いたわけではないことは、買ってきた食料品をさりげなくあらためる手つきでわかる。だがそれは土方に対して、というより日頃の習慣に根ざしたもののようだった。おのれの命を脅かすものの存在する日常に、慣れている。だからか、桂はたった数日のこの環境にもなじんでしまっている。戦争を生き抜きいまもまだ闘い続けるおとこの、したたかさとでもいうものを、土方は感じざるを得なかった。
 そのくせ、
「ああ、ちげーよ。こっちを先にひっぱるんだって」
コンビニのおにぎりの、包装ラップの剥き方に悩む桂に、土方が手を出す。
「ほら、こう。いいかげん覚えろや」
「ふだん、食いつけぬのだ。だから蕎麦がいいと…」
「だから、そりゃ明日買ってきてやるから。それでいいって、てめぇが云ったんだろうが」
「絶対だからな」
云って、ぱくつく。まるきり、子どものようだ。だが食べるしぐさは、あくまで優雅で品がいい。こういうのを、育ちのちがい、というのだろうか。少なくとも、自分たち真選組には、持ち合わせない部分だった。
 弁当からサンドイッチ、握り飯にまでマヨネーズをかける土方に、桂は最初こそ眉をひそめて苦言を呈したが、そのあとは文句を云いつつも土方のこの癖に怯むでもなく、おなじ卓で向かい合わせて食事をとるのに、平然としている。
 ああ、やべぇ。と、また、土方は思った。

 この気分を、打ち払わなければ。
「連絡、つけてんのか」
土方のいない昼間のうちに。同志たちに。そのくらいのことは、たやすいだろう。こいつなら。
「ゆえあって控えている。いやいや、つけていたとして、それを貴様に正直に云うと思うか?」
含み笑いで、桂が返す。土方も、口の端で笑った。
「そりゃ、そーだ」
 桂が食後の茶をたのしむ時間を待ってから、からだを拭い浄めて、薬と包帯を変える。意識が戻ってから土方に世話されるのにも、桂はさしたる抵抗を示さなかった。むしろ当然、といった顔つきで土方の手当てを受けている。どうあれ、いまの土方に桂を売る気はない、と判断しているのだろう。そうとわかれば、無駄な体力も神経も使わないというのが、やはり並の感覚ではない。




続   2008.01.22.


PR

草紙屋

おかいものかご 通販受付中

書店委託 サークルページ直通

次回参加イベント未定


◎寄稿
▽ 銀魂
コタ誕2 記念アンソロジー
桂総受けマイナーCPアンソロジー 桂独占禁止法

【頒布終了】発行日順
▼ 銀魂
坂桂アンソロ・宇宙☆キャプテン/『際涯』
高桂個人誌・花よりほかに知るひともなし/『切情』
銀桂小説アンソロジー・協奏曲/『闇照らす』
▼ OO
刹&ティエ・Star★Line 記念アンソロジー/『瞬きの間にひとは過ぎゆき』 さんぷる

 

銀)ものがたり

天涯の遊子 てんがいのゆうし
( )は主要登場人物
■ □:本篇  ◆ ◇:過去篇
● ○:番外篇  ★:番外桂誕2008

(はじめの手引)
金平糖・上・中・下(銀.桂.高)
遊興・1・2・3・4(坂.桂)
火影・上・中・下(高.桂)
蒸し羊羹(銀.桂.新.神.高)
仮寝・1・2・3・4(土.桂)
微酔・前・後(銀.桂)
雪白・1・2・3・4(沖.桂.銀.土)
源平梅(高.桂)
夜の猫(銀.桂)
星月夜・上・中・下(銀.桂)
桜狩(高.桂)
揺籃・1・2・3・4(坂.桂.銀.高.陸)
藪入り・1・2・3・4(銀.桂.エリ)
陽炎・1・2・3・4(土.桂.銀.近)
水際・上・中・下(高.桂.万.坂)
弦月・1・2・3・4(銀.桂.新.神.坂)
菖蒲湯(高.桂.銀)
落陽・上・中・下(沖.桂.銀)
小憩・上・中・下(坂.桂.エリ)
白皙・1・2・3・4・5・6・7(土.桂.高.山.沖.銀.ほか)
払暁・前・後(子銀.子桂.子高.松)
昔鏡・前・後(銀.桂.土)
萩の影(高.桂)
表裏・上・中・下(高.桂.エリ.坂.万)
白白・上・中・下(銀.桂.エリ.坂)
曙光・前・後(子銀.子桂.子高.松)
朧・1・2・3・4・5・6・7・8・9・10・11・12・13・14(銀.桂.土.新.神.長.沖.近.ほか)
虜囚・上・中・下(高.桂.万)
星合(○○.桂)
まほろば・1・2・3・4・5(銀.桂.白)
隻影(高.桂)
叢雲(銀.桂.土)
架橋・上・中・下(坂.桂)
昇日(子銀.子桂.松)
幻燈・前・後(土.桂.沖)

 

銀)あなざぁ

燎原に雪 りょうげんにゆき
*金魂・ガヤガヤ箱設定 連載

(晋.小太(ズラ子).金.辰.万)
壱-1-2-3・弐

一口話 ひとくちばなし
*設定外の突発短篇など

鈍色(高.桂.銀)
百八つ(銀.桂)
えりづら(エリ.桂)無配再録
▼ 二十万打御礼リク集
ひきがね(土.桂)
深酔い(土.桂)
夜行・前・後(沖.桂.銀)
以心伝心(銀.桂)
便りなし(銀.桂.神)
叢雲(銀.桂.土)天涯の遊子
お猫さま・前・後(坂.桂.銀)
錦上に花(土.桂.銀)
遥遠(高.桂.万.また.武)

 

だぶるおー

Armed angel 武装天使
(ニル.ティエ.刹.アレ.リジェ)
■:幕前 □:一期 ◆:幕間 ◇:二期 ●:幕後 ○:劇場版 ⊿:以降
00栞(はじめの手引)
遊泳する紫黒 オフ収録
天、落ちて・1 全6回オフ収録
容喙 - Don't meddle with us.・1 全3回オフ収録
Caress・1 全3回オフ収録
孤影を擁く・前 全2回オフ収録
昔日の残花・1 全3回オフ収録
いつかのあの日・1 全8回オフ収録
翻る揺り籃・1 全5回オフ収録
その手を伸べて・1 全7回オフ収録
Lost halcyon …・1 全3回オフ収録
天使は瞑目する オフ収録
乖離 〜天使の食卓・1 全4回オフ収録
Cemetery rain・前 全2回オフ収録
Affection・1 全4回オフ収録
Two phase オフ収録
◆◇ Beyond・1 全5回オフ収録
夜に踊る・1 全4回オフ収録
光は淡き・1 全4回オフ収録
いまふたたびの・1 全7回オフ収録
月満ちて時は欠け・1 全5回オフ収録
果てはなくとも・1 全6回オフ収録
Mutual love・1・2・3
Tieria・1・2・3
Double exposure・1・2・3・4
漣は遠くちかく・1 以降オフ収録

  +++++
番外 Armed angel 武装天使
Voice to fascinate オフ収録

 

ヴヴヴ

VVV ドルシアサイド/アドエル
(エルエルフ.アードライ.ハーノイン.イクスアイン.クーフィア.カイン.クリムヒルト.カーツベルフ)
◎ オフ本のサンプル
ヒカリノアリカ 導入部
コノテノナカニ 導入部
◎ 無配とか書きおろしとか
Natürliches tägliches Leben
Vor einer Strategie

 

書簡


お礼画面は気儘更新

 

筆者

別号:
かる
・・・
根っからの創作畑
なので続くか?消えるか?
の無計画出向

バナーほか、こちらから

karucafをフォローしましょう

かるのぴくしぶ

 

月の暦

06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

 

宝蔵

 

瓦版

創作offline(母家
□ 通販(別窓)
刊行本案内
おかいものかご
■ ダウンロード販売(別窓)
D-5,D-6,D-P

 

携帯版