忍者ブログ
「天涯の遊子」の読み切り短篇。
画面字数の都合上、前後篇。
銀桂。
ニンジャー以降、紅桜まえ。

*『仮寝』と一部連動



 奥の和室に通して、いささか乱暴に桂を座らせた。そのまえに跪くようにして、銀時はあらためて額の傷を確かめる。顔をしかめた。
「子らはどうした」
「新八は、神楽連れて、定時で帰宅。きょう銀さん遅くなる予定だったんで」
 手慣れたしぐさで傷口を診て、消毒して置き薬を塗る。腫れも鬱血もあり、血も外に出ているのだから、むしろ安心といえばいえるが、あたまの傷は用心するに越したことはない。戻る道すがらコンビニで調達した滅菌済のガーゼをあてて、絆創膏でとめる。
「明日まだ、ふらつくようだったら、マジで医者に診せろよ。いいな」
めずらしく真剣な口調で云う銀時に、桂がふっと微笑した。
「…んだよ。笑うところじゃねーだろが」
「おまえは、妙なところで神経が細かい」
「てめーの神経ほど、杜撰にできてねーだけです」
その上から、押さえの意味で包帯を巻いた。
「大げさだな」
云って、額に手をやって思いついたように笑った。
「だれかのようだ」
苦いものを感じて、銀時はその包帯を軽く叩く。
「いたっ。なにをするか」
「やなやつ、思い出させんじゃねーよ」
「いやなやつ、か」
 また、桂は笑う。だがそれはすぐに、消えた。どこかしら思案げだった。
「ヅラ」
「ヅラじゃない。桂だ。なんだ」
「あのさ」
高杉とは、いまでも会ってるんだろう。そのひとことが、聞けなかった。聞けば、そのあとを問いつめてしまいそうだった。あいつとは、どうなってんの。もっと有り体に云えば。あいつと、やってんの? もしくは、やってたの?
 いまさら云えた義理ではないのは百も承知で、だがしかし、もしそうなら。いやきっと、そうなのだろう。それなら、よけいに。
「渡したくねーんですけど」
「は?」
中間の思考を端折って告げられたことばに、桂は当然、意味不明の顔をしている。小首をかしげるしぐさは、むかしからの癖で妙にかわいらしくて、こまる。年齢(とし)だけくっても、こんなところは変わらない。額の治療をしていた体勢のままだから、銀時の手はまだ桂のあたまにあって、とんでもなく、近いし。
 目のまえの、白い肌と、漆黒の眸と、薄紅い口唇と。
 吸い寄せられるように銀時は、その紅(あか)に、口接けていた。ぴくりと桂のからだに緊張が走るのを感じる。感じたとたん本能的に逃すまいと、あたまに添えていただけの手を、両の掌で桂の顔を覆うようにつかみなおした。
「…………っ」
 かさねた口唇から、くぐもった音が漏れた。桂の指が、銀時のむきだしの腕にかかる。食い込むように握られたが、引き剥がそうといううごきにはならないまま、しばらくおたがいそうしてつかみあって、口を吸い合っていた。

 深く口唇をかさねて銀時は、つかんだ頬にかかる桂の黒髪に指をとおす。そのまま梳くようなしぐさで後頭部へと、掌を滑らせた。なつかしいなじみのある感触。かつて幾度となくこうして触れた。もう二度と手にすることはないと、思っていたのに。
 両の手で交互に桂の長い髪を乱し、また梳きながら、なんども角度を変えては一瞬たりとも解放しないまま、口唇を、舌を、求め続けた。
 食い込んで銀時の腕に爪痕を残した桂の指は、二の腕を彷徨って銀時の肩へと廻り、そこから背の脇を通って、腰のあたりで落ち着いた。
 いつのまにか、たがいに跪いて密着していたからだが、熱を孕んでくる。そのまま押し倒したい衝動を、かろうじて、銀時は怺え押しとどめていた。いまここでそれをやったら、それこそおのれはあのころのままだ。なにも変わらない。迫り上がる欲望を抑えつけ、だが、口唇を放すことができなかった。
「…ん」
「ぎん」
 角度を変えるそのわずかなあいまに、桂が切れ切れに訴える。目を開けてみると、桂のきつくよせられた眉が、近すぎてぼやけて見えた。閉じられた瞼がわずかに開く。苦しげに。そしてまた、こまったようにあきらめたように閉じられる。それを見、ようやく、銀時は桂の口唇を解放した。つかんだ掌は弛めない。
 …あ。はあはあ。はあ。せわしなく呼吸する桂の首筋に鼻をよせた。わずかに湿った肌の香りをかぐ。銀時の息も荒い。
 たがいのからだをたがいで支え合うような姿勢のまま、跪いていた膝が崩れた。そのままぺたんと座り込んで、ふたりともただ乱れた息を整える。つかんでいた頬から離れた銀時の手が、畳に落ちていた桂の手を探った。
 銀時は指を絡めて、握り込む。桂の指が、応えた。


* * *



 ふたり連れだって河川敷の屋台へ向かい、鍋底に残ったおでんをつまみに酒を呑んだ。あのまま万事屋にいることを、どちらもが、避けた。

 銀時が強引にでも組み敷けば、おそらく桂は拒まなかったろう。むかしからそういうところが、あった。銀時が、闘い終えても最中(さなか)の白夜叉を引き摺っているようなときとくに、桂はそうだった。いや、対応こそ違え、桂は高杉に対しても、そうだった。
 甘えやわがままや理不尽な怒りでさえ、受け入れてしまう。むろん、おとなしく受け入れるのではなくて、そこには必ず小言が付き、ときには一発二発手の出ることも、珍しくはなかったのだけれど。

 思い出したように桂が笑った。皿の厚揚げに甘味噌を絡ませて、はふはふと口にする。
「思い出し笑いは気味が悪いんですけどー」
コップ酒を片手に煮崩れた大根に箸を入れた銀時が、割った一切れを桂の皿にのせると、代わりにとばかりに、桂の箸の食べかけの厚揚げを、ぱくりとほおばった。
「あ、こら」
「ん。うまい」
 屋台の親爺は知らぬ顔を決め込んでくれている。桂は憮然として云った。
「まったく。貴様は変わらん」
「変わったでしょーが。銀さん、耐えたんだからね」
「どこがだ。窒息死するかと思ったぞ」
だが銀時の云わんとするのを察していることは、笑みを抑え込んだような声音でわかる。
「だから、さっきから、不気味なんですけど。なにを笑ってんの」
「いや、おとなになったのか、たんに枯れたのか、どちらだろうと」
「枯れ…って、おめーな。ひとがどれほどの気合いでもって、耐えきったと思ってやがんだ」
「理性ではなく、気合いか」
「理性なんざ、とうにありませんー。てか、ヅラくんがちゃんとその気だったら、気合いなんぞも捨ててました」
ふうん?とでもいいたげな視線を、桂は向けた。
「貴様が、ああいうとき、おれの気分などかまうとは思わなかった」
「だーかーらー」
たしかに、かつてそうだったことは否めないが。それだって、あとで内心謝ったりはしてたわけで。
「なんかさ、もう考えるのやめにしたから、云うけど。おめーが、どういうつもりで俺のこと探し出したのか、俺んとこ顔出すのか、知んねーけど」
ことばを切って、酒を呷る。
「おめーが、どんな線引こうが、無駄だから」

 桂が、だまって銀時を見た。その拍子にさらりと、長い髪が肩から胸元へ流れ落ちる。表情からはなにも読みとれない。こいつは、こうだ。むかしから。ふだんわかりやすいぐらいに、わかるのに。肝心なところだけ、絶対に気取らせない。
「だれにだろーと、渡す気、ないから」
それがどれほど、身勝手な感情だとしても。
 だから、
「覚悟しやがれ」

 桂はただ、微笑した。
 胸元で揺れる黒髪が、それから長く、銀時の目に残った。手に残るなめらかな感触は、こののちの一件で、銀時の心臓を凍てつかせる。

 もう少しだけ早く、遠慮なしに踏み込んでいたら、よかったんだ。




了   2008.01.21.



PR

草紙屋

おかいものかご 通販受付中

書店委託 サークルページ直通

次回参加イベント未定


◎寄稿
▽ 銀魂
コタ誕2 記念アンソロジー
桂総受けマイナーCPアンソロジー 桂独占禁止法

【頒布終了】発行日順
▼ 銀魂
坂桂アンソロ・宇宙☆キャプテン/『際涯』
高桂個人誌・花よりほかに知るひともなし/『切情』
銀桂小説アンソロジー・協奏曲/『闇照らす』
▼ OO
刹&ティエ・Star★Line 記念アンソロジー/『瞬きの間にひとは過ぎゆき』 さんぷる

 

銀)ものがたり

天涯の遊子 てんがいのゆうし
( )は主要登場人物
■ □:本篇  ◆ ◇:過去篇
● ○:番外篇  ★:番外桂誕2008

(はじめの手引)
金平糖・上・中・下(銀.桂.高)
遊興・1・2・3・4(坂.桂)
火影・上・中・下(高.桂)
蒸し羊羹(銀.桂.新.神.高)
仮寝・1・2・3・4(土.桂)
微酔・前・後(銀.桂)
雪白・1・2・3・4(沖.桂.銀.土)
源平梅(高.桂)
夜の猫(銀.桂)
星月夜・上・中・下(銀.桂)
桜狩(高.桂)
揺籃・1・2・3・4(坂.桂.銀.高.陸)
藪入り・1・2・3・4(銀.桂.エリ)
陽炎・1・2・3・4(土.桂.銀.近)
水際・上・中・下(高.桂.万.坂)
弦月・1・2・3・4(銀.桂.新.神.坂)
菖蒲湯(高.桂.銀)
落陽・上・中・下(沖.桂.銀)
小憩・上・中・下(坂.桂.エリ)
白皙・1・2・3・4・5・6・7(土.桂.高.山.沖.銀.ほか)
払暁・前・後(子銀.子桂.子高.松)
昔鏡・前・後(銀.桂.土)
萩の影(高.桂)
表裏・上・中・下(高.桂.エリ.坂.万)
白白・上・中・下(銀.桂.エリ.坂)
曙光・前・後(子銀.子桂.子高.松)
朧・1・2・3・4・5・6・7・8・9・10・11・12・13・14(銀.桂.土.新.神.長.沖.近.ほか)
虜囚・上・中・下(高.桂.万)
星合(○○.桂)
まほろば・1・2・3・4・5(銀.桂.白)
隻影(高.桂)
叢雲(銀.桂.土)
架橋・上・中・下(坂.桂)
昇日(子銀.子桂.松)
幻燈・前・後(土.桂.沖)

 

銀)あなざぁ

燎原に雪 りょうげんにゆき
*金魂・ガヤガヤ箱設定 連載

(晋.小太(ズラ子).金.辰.万)
壱-1-2-3・弐

一口話 ひとくちばなし
*設定外の突発短篇など

鈍色(高.桂.銀)
百八つ(銀.桂)
えりづら(エリ.桂)無配再録
▼ 二十万打御礼リク集
ひきがね(土.桂)
深酔い(土.桂)
夜行・前・後(沖.桂.銀)
以心伝心(銀.桂)
便りなし(銀.桂.神)
叢雲(銀.桂.土)天涯の遊子
お猫さま・前・後(坂.桂.銀)
錦上に花(土.桂.銀)
遥遠(高.桂.万.また.武)

 

だぶるおー

Armed angel 武装天使
(ニル.ティエ.刹.アレ.リジェ)
■:幕前 □:一期 ◆:幕間 ◇:二期 ●:幕後 ○:劇場版 ⊿:以降
00栞(はじめの手引)
遊泳する紫黒 オフ収録
天、落ちて・1 全6回オフ収録
容喙 - Don't meddle with us.・1 全3回オフ収録
Caress・1 全3回オフ収録
孤影を擁く・前 全2回オフ収録
昔日の残花・1 全3回オフ収録
いつかのあの日・1 全8回オフ収録
翻る揺り籃・1 全5回オフ収録
その手を伸べて・1 全7回オフ収録
Lost halcyon …・1 全3回オフ収録
天使は瞑目する オフ収録
乖離 〜天使の食卓・1 全4回オフ収録
Cemetery rain・前 全2回オフ収録
Affection・1 全4回オフ収録
Two phase オフ収録
◆◇ Beyond・1 全5回オフ収録
夜に踊る・1 全4回オフ収録
光は淡き・1 全4回オフ収録
いまふたたびの・1 全7回オフ収録
月満ちて時は欠け・1 全5回オフ収録
果てはなくとも・1 全6回オフ収録
Mutual love・1・2・3
Tieria・1・2・3
Double exposure・1・2・3・4
漣は遠くちかく・1 以降オフ収録

  +++++
番外 Armed angel 武装天使
Voice to fascinate オフ収録

 

ヴヴヴ

VVV ドルシアサイド/アドエル
(エルエルフ.アードライ.ハーノイン.イクスアイン.クーフィア.カイン.クリムヒルト.カーツベルフ)
◎ オフ本のサンプル
ヒカリノアリカ 導入部
コノテノナカニ 導入部
◎ 無配とか書きおろしとか
Natürliches tägliches Leben
Vor einer Strategie

 

書簡


お礼画面は気儘更新

 

筆者

別号:
かる
・・・
根っからの創作畑
なので続くか?消えるか?
の無計画出向

バナーほか、こちらから

karucafをフォローしましょう

かるのぴくしぶ

 

月の暦

03 2020/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

 

宝蔵

 

瓦版

創作offline(母家
□ 通販(別窓)
刊行本案内
おかいものかご
■ ダウンロード販売(別窓)
D-5,D-6,D-P

 

携帯版