忍者ブログ
「天涯の遊子」高桂篇。終話。
高杉と桂。もしくはヅラ子。
万斉、顔見せ。
紅桜以降、動乱篇まえ。



 桂は薄く笑った。戦時に、ことにその末期に、よく見かけた表情だった。
「ひとを利用し切り捨てることなど、おれも腐るほどしてきた。貴様を咎め立てるような資格は、おれにはないのだ。ほんとうは」
「なに…云って、やがる」
つねの能面の眸の奥に虚ろな影が差す。その漆黒の虚無に魅入られ、高杉は目を離すことができない。
「おれはもっと冷酷に、ひとをひととも思わず使い切り捨ててきた。その罪過が今生で贖えるとは思わん」
莫迦を云え。そのたび、ひとり苦しんでいるのを、俺は見てきた。
「おまえにはそうあってほしくない。これはおれのわがままだ」
そうだ、わがままだ。こころの裡で高杉は叫んだ。

 桂とともに在りたかった。桂と共有するのなら、それが、悲嘆でも復讐でも罪業でも、かまわない。桂の墜ちる場所にともに墜ちよう。いま叶うなら、おのれの堕ちる場所へ、ともに堕ちてほしいとさえ思う。
 高杉だけきれいな場所に置いておきたかったというのなら、それは桂の自己満足だ。高杉が、高杉の信じた変わらぬ桂でいてほしいと願ったのと同様の、滑稽な独り善がりの茶番だ。 
 でも、ならなぜ。桂が高杉をその意味でいまもなお愛おしんでいるのなら。なぜ、あのとき。

「おめぇ、あんとき云ったじゃねぇか。俺を嫌いだって」
 湧き上がった疑念と断ち切れぬおもいが、衝動的にことばとなって高杉の口を吐いて出た。われながら女々しいとは思いつつ、問わずにいられなかった。だが桂には相も変わらぬ能面で、さらりと返される。
「ああ、云ったな。だが貴様とて、俺を春雨に売ったろう」
高杉の後ろめたさを知ってか知らずか、淡々として真正面から斬り込んで。
「本意だったか?」
桂は見透かすように見つめてくる。
「よしんば本気だったとして、おれがあっさり殺られるなどとは思ってもおるまい?」
莞爾と笑んだ。
「そういうことだ。晋助」


 なんと云い返そう。いや、そもそもどう云い返せるというのか。あれをただの、子どもの意地の張り合いのように云ってしまえる相手に。
「悪ぶりおって。貴様には似合わん」
そうして面と向かって、ひとの意気地を挫きやがる。
「てめぇこそ、諦めがわるい。まだ俺にそんな夢見てやがったか」
眼前の細い顎を片手に捉えて、高杉は桂を見据えた。このおとこはまだ、高杉を思い遣る。情を残している。
「夢など見てはおらん。貴様の本質を云っている。この国を壊すのはいい。だが貴様のやりようには腹が立つし、また世の民におなじまねをするとあらば、おれはおまえを斬るが」
それが憐憫なら、高杉はゆるせなかったろう。桂を。おのれ自身を。けれど。
「この世の恨みを果てのない憎しみに変えたところで、憎しみに傷つくのはおまえ自身だ。それを本望というのなら、もはや奪いはせぬ。おれが断ち切ってやる」
 高杉はゆっくりと目を閉じた。

 桂だ。やはり、桂だった。
 たがいの目差す方向が逸れたいまでも、桂には高杉の往く途が見えている。この憎しみなしには高杉がもはや立てぬこと。それが空ろな形骸となろうと、これを奪われてはもはやこの身が立ち行かぬことを、桂は感受したのだ。
 高杉にも見える。そんな破滅を桂は望んでいない。いないが、それが必要であるなら桂は迷わずそうするだろう。そう信じさせてくれる唯一無二の存在。それが桂を桂たらしめる。高杉にとって、松陽亡きあと、桂がほかのすべてに勝ることの証、その所以でもあった。
 叶うなら、桂と在りたかった。桂が終わらせてくれるなら、それもいい。

「ヅラぁ。おめぇは、甘い。なんで俺を見限らねぇ」
 閉ざしていた瞼を開く。高杉は顎を捉えていた桂の口唇に指を這わせた。すっと横になぞると、指先に紅が移る。あの夢の血のようだ。
「死ぬまで無理だ」
されるままに高杉を見返しながら、桂は云いきる。
「どっちが?」
「おれが」
そうか。なら俺が死んでも。桂が死ぬまで、桂のなかに残るんだ。
「しつけぇなぁ」
無意識に高杉は口許に笑みをのぼらせていた。
「貴様もな」
「俺?」
「おれを忘れられんだろう?」
そう宣告する桂の、尊大で、冷酷で、美しく、艶やかな、微笑。
「ああ。…死ぬまでな」
 否。きっと死んでも忘れねぇ。だがもしさきに桂が死んだら、俺は? 俺はもう、どこにもなににも残らない。残らなくていい。そのときこそまさしく、高杉の憎しみは形骸化し、すべての意味を失くすだろう。
 高杉は陶然としてその微笑みを見つめた。
「小太郎」
「うん?」
「知ってたか?…俺が」
どれほどおまえに惹かれていたか。いまも惹かれているか。焦がれているか。
「晋助?」
「…なんでもねぇ」
ようやく桂の顔を解放して、高杉はソファに深く凭れ込んだ。
「そういや、髪…長さもどったなぁ」
 よかった。

 変わらない小太郎が好きだった。だから変わってゆく小太郎を見たくなかった。だがこいつはやっぱりこいつのままで。変わったけれど変わってなくて。いま俺の希むこたえのひとつをくれて。でもそれは、至上ではない最上。

「食わせてくれよ。さっきみたいに」
 強請(ねだ)る高杉に、桂はテーブルのつまみの小分けを手に取る。
「図々しいやつめ」
「特別サービスなんだろ?」
口許に差し出されたそれを一口で食む。そのまま桂の手首をつかんで、桂の指ごと、舐め取った。
 上目遣いにようすを窺う。桂は振り払うでもなく、高杉の単眼を見た。その眸には、嫌悪も忌避も拒絶も浮かんでいない。かといって羞恥も情欲もなく、ただ妖艶な色を湛えて、おのが帷のうちへと引き摺り込むかのようだった。
 きっと知っているのだ。わかっていながらこいつは俺を手の内で遊ばせる。

 おまえに惹かれて愛して嫌って憎んで。俺はやっぱりこのさきも、このおもいに引き裂かれてゆくのだろう。けして至上のこたえを返さない、このおとこに。
 ならば、そう。生死の淵のその汀まで、それを引き摺ってあがくのもわるくない。おのれと桂との時間は、まだ終わってなどいなかったのだから。
 奪わせない。桂は、少なくともその一部は永遠に高杉とともにあるはずだ。


 高杉はおもうさま、桂の長い手指を口腔に含んで口唇と舌先で愛おしみ、離す名残にその指先に接吻を落とした。
 高慢な微笑を浮かべ、桂はその指で高杉の顎をなぞる。
「おさわり厳禁だぞ。わすれたか」
「俺たちの仲で、そいつはいまさらじゃねぇか」
 睨み合うような、睦み合うような。そんな曖昧さが心地よい白昼夢のごとき空間に、ふいに現実が這入り込んだ。

 なにやら表戸のあたりがざわめいている。
 あずみが万斉を連れ立って、預かりものを手にそそくさと桂のもとへ来た。
「まずいわ、ヅラ子。真選組のお常連(なじみ)さんがいらしたみたい」
すっと立ち上がった桂は、高杉を即座に裏口へ促した。万斉が続く。あずみは入口のほうへと戻って、巧みに引き留める西郷ママと時間を稼ぐつもりのようだ。
「ここでの捕り物は御法度だがな。面倒ごとになるのは避けたが無難だ」
 桂は、路地へ通じる裏口へと高杉と万斉を押しやって、預かった腰のものをその手に押し付けた。受け取りながら、高杉が懸念する。
「おい、てめぇは?」
「おれの心配なら無用。ここにいるのはヅラ子だ」
「ヅラ子殿、これを」
万斉が桂につんぽ名義の名刺を差し出した。
「万斉、てめぇなにしてやがる?」
「なにって、チケット手配の約束をしたでござろう」
「おお、ちゃんと覚えていてくれたか」
「ここの請求書もそこへ回してくれればよいでござるよ」
「うむ。しかと、西郷殿に伝えよう」
 受け取る桂の手を逆に捕り、その甲に万斉がうやうやしく口接ける。高杉がたまらずなにか怒鳴ろうとしたところへ、桂が小声で叱咤した。
「はやく、行け」
 まず万斉が裏口から路地の向こうを確かめ、するりと外へ出る。次いで高杉が出掛かって振り返り見た。もう、会えるかどうかわからない。
「桂」
「からだをいとえよ」
 ホールのほうから零れる薄明かりのなかで、そう云ってまっすぐに高杉を見た桂に、その一瞬すべてが飛んだ。
 我知らずその身を引き寄せ、高杉は桂を深く抱きしめていた。
 桂の腕が高杉の背に回されて、ほんのわずか、だがたしかに、抱き返すかのちからを込める。桂はすぐさま抱擁を解いて、高杉を送り出し裏戸を閉じた。


* * *



 路地裏から店の表へと廻り、物陰からしばし気配を窺う。
 ああは云っても、客が真選組であるなら、やはり桂のことが気にかかった。店の表口の入り端で、西郷ママが客の足止めに成功している。隊士のようだが隊服姿ではない。あずみの声が聞こえてきた。
「ごめんなさいね。いまあの子、指名が入ってて。もう替わりますから。こちらの席へどうぞ」

 やはりようすを見ていた万斉が、背後から感心したように呟いた。
「やはりなぁ。ヅラ子殿は売れっ子でござろう。これは拙者も足繁く通って、がんばらねば」
高杉は思わず背後に目を剥く。
「なにをがんばるってぇんだ、てめぇは」
「決まっているでござる。ヅラ子殿を口説くのでござるよ」
「はあ?」
呆れる高杉を意に介すでもなく、万斉は宣った。
「あんな美人を放っておいては、男が廃るでござる」
「いや、廃らねぇよ。美人でも男だぞ」
「よく云うでござる。桂が現れぬのをいいことに、晋助もさきほどまで、ちゃっかりしっぽり、やっていたではござらぬか」
こいつ、みてやがったのか。
「いや、あれは……だから」
てか、マジでか。
 たしかに万斉はあのときも船艇(ふね)の甲板から遠目にしただけだったし、桂を間近に見たことなどないだろうし、たしかにみごとな女装だし。
 本気で気づいていないのか、気づかないふりで桂にちかづく気か。いずれにせよ口説く気は満々らしい。
「てめぇにあれがあつかえりゃ、たいしたもんだぜ。万斉」
 高杉にしてみればむろんおもしろくないのだが、ひとを小馬鹿にしたように振る舞うこの男が、あの桂にどうあしらわれるか、見てみたい気もする。


「あ、ヅラ子、こっちよ。土方さんお待ちかね」
 その声につられて、高杉は思わず表口のなかを覗き込むように見た。
 隊服ではなく黒い着流しのおとこが、出迎えた桂に相好を崩すのが見えた。桂に手を取られて席へ着く。あの莫迦ヅラ。真選組相手に、なにしてやがる。気軽に触らせてんじゃねぇよ。気にくわねぇ。
「万斉」
「なんでござる」
 物陰から店の奥に射抜くような視線をあてたまま、高杉は口の端で笑む。
「件の、あれ。妙案が浮かんだぜ」
「?…ああ、春雨から頼まれていた案件でござるか」
「利用させてもらおうじゃねぇか」
くい、と顎で指し示した。
「真選組を?」
万斉は少しだけ考えて、同意する。
「承知。ライバルも減らせるでござるしな」

 高杉の眸が剣呑な光を宿した。
 



了   2008.03.30.



PR

草紙屋

おかいものかご 通販受付中

書店委託 サークルページ直通

次回参加イベント未定


◎寄稿
▽ 銀魂
コタ誕2 記念アンソロジー
桂総受けマイナーCPアンソロジー 桂独占禁止法

【頒布終了】発行日順
▼ 銀魂
坂桂アンソロ・宇宙☆キャプテン/『際涯』
高桂個人誌・花よりほかに知るひともなし/『切情』
銀桂小説アンソロジー・協奏曲/『闇照らす』
▼ OO
刹&ティエ・Star★Line 記念アンソロジー/『瞬きの間にひとは過ぎゆき』 さんぷる

 

銀)ものがたり

天涯の遊子 てんがいのゆうし
( )は主要登場人物
■ □:本篇  ◆ ◇:過去篇
● ○:番外篇  ★:番外桂誕2008

(はじめの手引)
金平糖・上・中・下(銀.桂.高)
遊興・1・2・3・4(坂.桂)
火影・上・中・下(高.桂)
蒸し羊羹(銀.桂.新.神.高)
仮寝・1・2・3・4(土.桂)
微酔・前・後(銀.桂)
雪白・1・2・3・4(沖.桂.銀.土)
源平梅(高.桂)
夜の猫(銀.桂)
星月夜・上・中・下(銀.桂)
桜狩(高.桂)
揺籃・1・2・3・4(坂.桂.銀.高.陸)
藪入り・1・2・3・4(銀.桂.エリ)
陽炎・1・2・3・4(土.桂.銀.近)
水際・上・中・下(高.桂.万.坂)
弦月・1・2・3・4(銀.桂.新.神.坂)
菖蒲湯(高.桂.銀)
落陽・上・中・下(沖.桂.銀)
小憩・上・中・下(坂.桂.エリ)
白皙・1・2・3・4・5・6・7(土.桂.高.山.沖.銀.ほか)
払暁・前・後(子銀.子桂.子高.松)
昔鏡・前・後(銀.桂.土)
萩の影(高.桂)
表裏・上・中・下(高.桂.エリ.坂.万)
白白・上・中・下(銀.桂.エリ.坂)
曙光・前・後(子銀.子桂.子高.松)
朧・1・2・3・4・5・6・7・8・9・10・11・12・13・14(銀.桂.土.新.神.長.沖.近.ほか)
虜囚・上・中・下(高.桂.万)
星合(○○.桂)
まほろば・1・2・3・4・5(銀.桂.白)
隻影(高.桂)
叢雲(銀.桂.土)
架橋・上・中・下(坂.桂)
昇日(子銀.子桂.松)
幻燈・前・後(土.桂.沖)

 

銀)あなざぁ

燎原に雪 りょうげんにゆき
*金魂・ガヤガヤ箱設定 連載

(晋.小太(ズラ子).金.辰.万)
壱-1-2-3・弐

一口話 ひとくちばなし
*設定外の突発短篇など

鈍色(高.桂.銀)
百八つ(銀.桂)
えりづら(エリ.桂)無配再録
▼ 二十万打御礼リク集
ひきがね(土.桂)
深酔い(土.桂)
夜行・前・後(沖.桂.銀)
以心伝心(銀.桂)
便りなし(銀.桂.神)
叢雲(銀.桂.土)天涯の遊子
お猫さま・前・後(坂.桂.銀)
錦上に花(土.桂.銀)
遥遠(高.桂.万.また.武)

 

だぶるおー

Armed angel 武装天使
(ニル.ティエ.刹.アレ.リジェ)
■:幕前 □:一期 ◆:幕間 ◇:二期 ●:幕後 ○:劇場版 ⊿:以降
00栞(はじめの手引)
遊泳する紫黒 オフ収録
天、落ちて・1 全6回オフ収録
容喙 - Don't meddle with us.・1 全3回オフ収録
Caress・1 全3回オフ収録
孤影を擁く・前 全2回オフ収録
昔日の残花・1 全3回オフ収録
いつかのあの日・1 全8回オフ収録
翻る揺り籃・1 全5回オフ収録
その手を伸べて・1 全7回オフ収録
Lost halcyon …・1 全3回オフ収録
天使は瞑目する オフ収録
乖離 〜天使の食卓・1 全4回オフ収録
Cemetery rain・前 全2回オフ収録
Affection・1 全4回オフ収録
Two phase オフ収録
◆◇ Beyond・1 全5回オフ収録
夜に踊る・1 全4回オフ収録
光は淡き・1 全4回オフ収録
いまふたたびの・1 全7回オフ収録
月満ちて時は欠け・1 全5回オフ収録
果てはなくとも・1 全6回オフ収録
Mutual love・1・2・3
Tieria・1・2・3
Double exposure・1・2・3・4
漣は遠くちかく・1 以降オフ収録

  +++++
番外 Armed angel 武装天使
Voice to fascinate オフ収録

 

ヴヴヴ

VVV ドルシアサイド/アドエル
(エルエルフ.アードライ.ハーノイン.イクスアイン.クーフィア.カイン.クリムヒルト.カーツベルフ)
◎ オフ本のサンプル
ヒカリノアリカ 導入部
コノテノナカニ 導入部
◎ 無配とか書きおろしとか
Natürliches tägliches Leben
Vor einer Strategie

 

書簡


お礼画面は気儘更新

 

筆者

別号:
かる
・・・
根っからの創作畑
なので続くか?消えるか?
の無計画出向

バナーほか、こちらから

karucafをフォローしましょう

かるのぴくしぶ

 

月の暦

03 2020/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

 

宝蔵

 

瓦版

創作offline(母家
□ 通販(別窓)
刊行本案内
おかいものかご
■ ダウンロード販売(別窓)
D-5,D-6,D-P

 

携帯版