忍者ブログ
「天涯の遊子」銀桂篇。終話。
銀時と桂。
紅桜以降、雪まつりよりまえ。
微エロあり、注意。R18 で。



「あ…っ」
 いきなり奥に触れてきた銀時の口唇に、桂は小さく悲鳴をあげて、息を呑んだ。抱えた両脚を両肩に担ぎ、浮かせた腰を折るようにして、その中心に舌を這わせる。付け根の柔肌を食んで吸い、閉じた花弁を開くように、すぼめた舌先で探った。こんどは見ることをゆるされた視線の先で、桂が眦を朱に染め、顔のまえに交差させた腕で声を殺している。探る舌を深く差し入れると、いっそう仰け反らせた喉元の白さが艶めかしく目に映った。
 その喉笛に嚙みつきたい衝動を覚えて、銀時はいったん細い腰を解放する。と、桂がほっと息を吐く。そのままのしかかって、口許で交差されたままの腕をひとつかみに捉えると、頭上に押しやり、先の手拭いでまとめて縛った。
「銀」
 咎める桂に、銀時はにやりと笑ってみせる。
「返すって、云ったろ」
誘う喉元をつよく吸いあげた。見る間に鬱血し、紅く小さな痕をのこす。その紅と周辺を繰り返し啄んで、しっかりとした所有の印をいくつも刻んだ。

 桂に煽られている。きっとこれすらその術中なのだ。そんな惑乱を覚えながら、それさえも冥加と感じる。おのれは溺れている。ひたひたと浸食される。もう狂ってもかまわない。こいつとなら。


「はぁ………あああっ」
 ひときわ深く穿たれて、耐えきれず、桂の嬌声があがった。
 室内に明かりをもたらしていたわずかばかりの木洩れ日も、とうに残照へと変わり、ちゃぶ台も隅に追いやられた茶の間は、濃密な夜の気配を纏う閨へとすでに様相を変えている。とはいえ畳に夜具もないままに、もつれあう裸身があるだけだ。
 組み敷かれた雪肌には、まだ鮮やかな一条の刀傷痕に、消え残った古傷。真新しい数えきれぬほどの紅い刻印がところを厭わず散っている。頭上で絡げられたままの両の腕が、たわむほどにからだを揺すぶられるたび、縛めの手拭いと擦れた。すでに幾度となく放たれた銀時の欲に内奥を浸されて、自身の迸りにも濡れながら、だがその身はあくまで透けるような清艶さを失わない。
 それが憎い。
 先刻、桂にいいように遊ばれたお返しに、銀時は知るかぎりの桂の弱点を衝いて責め愛おしむ。畢竟、おたがいに五感を支配されたような濃厚な交わりとなって、桂はただ喘いだ。きつく閉ざされた瞼。絶え間ない荒い気息。散り乱れた黒髪の上で、手拭いに絡げられた両腕の手指が、溢れて行き場のない情欲に、攣れたように折り曲がる。
 間断なく桂をおのが身で貫きながら、俄にあの途方もないせつなさに襲われて、銀時はあわてたようにその手拭いの縛めを解いた。
 解き放たれて、この腕は、いまもまた空(くう)を掻くのだろうか。間をおかずおのれの身に回されるのだろうか。それとも。無体を怒って殴りかかるだろうか。その一瞬を、奇妙なほどの緊張感をもって、銀時は待つ。
 自由を取り戻した両腕に、気づいて桂が薄く瞼を開いた。
「ぎん…とき?」

 いったい自分はどんな顔をしていたのだろう。
 荒い息の下で、桂の腕はなんの躊躇いもなく銀時のあたまを引き寄せた。おたがいの肩に顔を埋めるようにして抱きしめると。
「だいじょうぶだ」
と、ひとこと。微笑を湛えたような、どこまでもやわらかな声音で云った。
 とたん。銀時のなかで、なにかが堰を切った。全身のすべてのうごきが止まる。桂の奥深くおのが身を沈め、その首筋に顔を埋めたまま。
 銀時は泣いていた。
 おのれでも気づかぬままに、雫はただ静かに頬を伝い落ち、桂の黒髪を濡らす。桂はなにも問わず、強靱な筋肉の乗った背をやさしくなぞり、銀時を掻き抱いた。


 初めてかさねたからだ。初めて見た嘆き。初めて触れた口唇。初めて握った手。初めての喧嘩。初めての手合い。初めて交わした会話。初めての出会いの刹那。それ以前の自身といまとをたしかに分かつ、桂と刻んだ時間のすべて。

 日頃どれほどピントのずれた発言をし、的を外した振る舞いをしようと、うざいくらいの神経の太さを発揮しようと、銀時の裡に深く根を張って唐突に顔を覗かせる不安を察知し、正鵠を射てくるのは桂ただひとりだ。
 おのれという存在の寄る辺なさに揺らぐ銀時を、桂だけが見誤らない。


 そのまま、どのくらいそうしていただろうか。
 堰を切って溢れたものが、流れ出きって、銀時は急速に気恥ずかしさを覚えた。この状況では逃げることもごまかすこともできそうにない。我に返れば、繋がったままのからだは、まだ吐き出しきれぬ欲望に満ちてさえいる。どうしたものかとつぎの行動に迷っていたとき。
 背を抱いていた桂の腕がするりと脇へ抜け、指先がつうぅと、銀時の仙骨のあたりを撫でた。
「ヅラ…」
先を促すような誘いのしぐさに、銀時は気恥ずかしさを忘れて桂の顔を覗く。
「ヅラじゃない…桂だ」
「…わりぃ。足りなかった?」
「てか、貴様が終わらんからだろう」
現実問題、おのれのからだは臨戦態勢のままなので、返す言葉の代わりに、軽く突いた。
「ぃあっ」
文字通り不意を突かれて、桂が仰け反る。潤んだ目で睨みつけてくる。
「貴様は。いきなりうごくな………んっ…ぁあ」
そのまま律動を再開したから、桂の小言はそこで途切れた。
 桂のほうとて中途で放り出されて鎮まっていたわけではないから、たやすく熱がもどる。そのあとは、たがいにまた、ひたすら快楽だけを追い続けた。

 頂きに向かってともにひた走りながら、熱に浮かされたあたまの片隅で銀時は思う。
 こいつにはかなわない。組み敷き、喘がせ、啼かせようと、抱いている相手に、自分は抱(いだ)かれている。結句、包み込まれてしまう。いま、縋るように銀時の身に食い込む桂の手指に、募る愛しさは、その裏返しだ。この存在に出会わせてくれた運命的ななにかがあるのなら、おのれはそれに感謝するだろう。
 そのまま一直線に到達した頂点で、銀時はひときわ震えて小さく咆えた。
 射抜かれた奥深く、幾度か断続的に放たれるその衝撃に、桂も、また。


* * *



 疲れ果て、ひとっ風呂浴びるのが精一杯で、晩に作り損ねた天麩羅蕎麦は、払暁、空きっ腹に耐えかねて目覚めた銀時の手によって、無事完成を見た。
 銀時につられて目を覚ました桂は、また手放しで褒めながら、さも美味そうに天麩羅をほおばり、満足げに蕎麦を啜る。そのさまを銀時は倦かず眺めた。天蕎麦に夢中の桂が、気づかぬのをさいわいにして。

 こんなひとこまがいつか日常になればいい。万事屋の子らがやがて銀時の手を離れ、桂がこころざしを成し遂げたなら、かなうときもくるだろうか。
「ヅラ」
ちょうどほおばっていた大葉の天麩羅を、きちんと咀嚼し呑み込んでから桂は応じる。
「ヅラじゃない。桂だ。なんだ。さっさと食わんと蕎麦が延びるぞ」
銀時は海老の天麩羅にかじりつきながら、呟いた。
「わはっはら、ひょうはほうへひをはわふんひゃへぇほ」
わかったら、妙なほうへ気を回すんじゃねぇぞ。
 箸先一寸で蕎麦を口に運びながら、目線で桂が咎める。口にものを入れたまま喋るなと云いたいのだろう。
「わかったんなら、かまわず神楽や新八に会いに来い。あいつらは俺が全力で守っから、おめーは要らん心配をするな」
蕎麦が口に残っているうちは桂の返答はない。わかっていてつづける。
「そんでも、俺のちからが及ばないような事態になったら、遠慮なくおめーにまた片腕借りるから。俺は。だからおめーも」
甘えればいい。縋ればいい。となりに立つものに。
 それが自分だ、とは、いまの銀時が云っても桂は肯かないだろうが。きちんと宣言しておかなければ、こいつは無意識下で勝手にひとの庇護者と化す。
「ちっとは銀さんに委せなさい」


 攘夷の前線には立ってやれないけど。桂のためになら、おのれは刀を取る。紅桜の時のように、抑えなど、効くまい。そしておそらく。桂はそれをさせまいと考えている。
 桂は自身のために銀時を白夜叉と化させることは望まない。銀時にとなりにいてほしいと思ったとしても、いまの銀時にそれを明かすことはないだろう。それでも桂は、銀時を好きだと云った。その口から聞けた。
 充分だ。
 それだけで銀時は立っていられる。違えた途が二度と添うことはなくとも、桂のとなりに立つものは自分以外にいない。銀時がその空位に着かぬかぎり、桂のとなりが埋まることはない。それが、いまの桂の孤高を意味するものだと知りながら、銀時は桂のとなりに立つおのれを希求する。
 どこまでも勝手な自分。その自分を赦す桂。だがしかし銀時を赦すことで、桂もまた、頑ななおのが生き方への許しを請うている。

 許しなど請うな。おまえは。
 桂の揺るぎない生き様の、そのぶれのなさをこそ銀時は愛する。
 典雅な容姿も、妖艶なからだも、生真面目な気質も、頓狂な性格も、天然な言動も、怜悧な頭脳も、冷酷な裁量も、深遠な心根も。そのすべてをひっくるめた桂というひととなりに、とどのつまり、銀時は惚れているのだから。惹かれてやまないのだから。


 桂は箸を止め、銀時を見た。とりすました顔だが目が笑っている。
「なに。銀さんなにか、おかしなことを云いましたか」
「リーダーや新八くんに会いに行って、ついでに貴様に会うのだな。銀時?」
などと、かわいくないことを宣う口に、食いかけの海老天を突っ込んだ。
 なにをするか、と云いたくても口にものが入っているうちは云えない桂は、懸命にそれを咀嚼する。
「そーゆーことほざくんなら、二度とつくってやんねー」
と、銀時が云えば。もぐもぐと口いっぱいにほおばった海老をなんとか飲みくだし、
「また、つくってくれる気だったのか?」
こんどは素できょとんと、さも意外そうに返した桂に、銀時は危うく箸を取り落としそうになった。まずい。うっかり、すっかり、その気だった。

「ならばつぎは、天蒸籠がよい。わかった。銀時に、会いに行こう」
 銀時のこっぱずかしい動揺をよそに、しれっと云える桂は、つよい。
 そのまま機嫌良くふたたび箸をうごかしはじめた桂に、銀時はなにか云い返そうとして、やめた。
 思ってしまったのだ。こんなことでおまえの満ち足りた顔が拝めるなら。

 まあ、それもいいか。
 



了   2008.03.18.



PR

草紙屋

おかいものかご 通販受付中

書店委託 サークルページ直通

次回参加イベント未定


◎寄稿
▽ 銀魂
コタ誕2 記念アンソロジー
桂総受けマイナーCPアンソロジー 桂独占禁止法

【頒布終了】発行日順
▼ 銀魂
坂桂アンソロ・宇宙☆キャプテン/『際涯』
高桂個人誌・花よりほかに知るひともなし/『切情』
銀桂小説アンソロジー・協奏曲/『闇照らす』
▼ OO
刹&ティエ・Star★Line 記念アンソロジー/『瞬きの間にひとは過ぎゆき』 さんぷる

 

銀)ものがたり

天涯の遊子 てんがいのゆうし
( )は主要登場人物
■ □:本篇  ◆ ◇:過去篇
● ○:番外篇  ★:番外桂誕2008

(はじめの手引)
金平糖・上・中・下(銀.桂.高)
遊興・1・2・3・4(坂.桂)
火影・上・中・下(高.桂)
蒸し羊羹(銀.桂.新.神.高)
仮寝・1・2・3・4(土.桂)
微酔・前・後(銀.桂)
雪白・1・2・3・4(沖.桂.銀.土)
源平梅(高.桂)
夜の猫(銀.桂)
星月夜・上・中・下(銀.桂)
桜狩(高.桂)
揺籃・1・2・3・4(坂.桂.銀.高.陸)
藪入り・1・2・3・4(銀.桂.エリ)
陽炎・1・2・3・4(土.桂.銀.近)
水際・上・中・下(高.桂.万.坂)
弦月・1・2・3・4(銀.桂.新.神.坂)
菖蒲湯(高.桂.銀)
落陽・上・中・下(沖.桂.銀)
小憩・上・中・下(坂.桂.エリ)
白皙・1・2・3・4・5・6・7(土.桂.高.山.沖.銀.ほか)
払暁・前・後(子銀.子桂.子高.松)
昔鏡・前・後(銀.桂.土)
萩の影(高.桂)
表裏・上・中・下(高.桂.エリ.坂.万)
白白・上・中・下(銀.桂.エリ.坂)
曙光・前・後(子銀.子桂.子高.松)
朧・1・2・3・4・5・6・7・8・9・10・11・12・13・14(銀.桂.土.新.神.長.沖.近.ほか)
虜囚・上・中・下(高.桂.万)
星合(○○.桂)
まほろば・1・2・3・4・5(銀.桂.白)
隻影(高.桂)
叢雲(銀.桂.土)
架橋・上・中・下(坂.桂)
昇日(子銀.子桂.松)
幻燈・前・後(土.桂.沖)

 

銀)あなざぁ

燎原に雪 りょうげんにゆき
*金魂・ガヤガヤ箱設定 連載

(晋.小太(ズラ子).金.辰.万)
壱-1-2-3・弐

一口話 ひとくちばなし
*設定外の突発短篇など

鈍色(高.桂.銀)
百八つ(銀.桂)
えりづら(エリ.桂)無配再録
▼ 二十万打御礼リク集
ひきがね(土.桂)
深酔い(土.桂)
夜行・前・後(沖.桂.銀)
以心伝心(銀.桂)
便りなし(銀.桂.神)
叢雲(銀.桂.土)天涯の遊子
お猫さま・前・後(坂.桂.銀)
錦上に花(土.桂.銀)
遥遠(高.桂.万.また.武)

 

だぶるおー

Armed angel 武装天使
(ニル.ティエ.刹.アレ.リジェ)
■:幕前 □:一期 ◆:幕間 ◇:二期 ●:幕後 ○:劇場版 ⊿:以降
00栞(はじめの手引)
遊泳する紫黒 オフ収録
天、落ちて・1 全6回オフ収録
容喙 - Don't meddle with us.・1 全3回オフ収録
Caress・1 全3回オフ収録
孤影を擁く・前 全2回オフ収録
昔日の残花・1 全3回オフ収録
いつかのあの日・1 全8回オフ収録
翻る揺り籃・1 全5回オフ収録
その手を伸べて・1 全7回オフ収録
Lost halcyon …・1 全3回オフ収録
天使は瞑目する オフ収録
乖離 〜天使の食卓・1 全4回オフ収録
Cemetery rain・前 全2回オフ収録
Affection・1 全4回オフ収録
Two phase オフ収録
◆◇ Beyond・1 全5回オフ収録
夜に踊る・1 全4回オフ収録
光は淡き・1 全4回オフ収録
いまふたたびの・1 全7回オフ収録
月満ちて時は欠け・1 全5回オフ収録
果てはなくとも・1 全6回オフ収録
Mutual love・1・2・3
Tieria・1・2・3
Double exposure・1・2・3・4
漣は遠くちかく・1 以降オフ収録

  +++++
番外 Armed angel 武装天使
Voice to fascinate オフ収録

 

ヴヴヴ

VVV ドルシアサイド/アドエル
(エルエルフ.アードライ.ハーノイン.イクスアイン.クーフィア.カイン.クリムヒルト.カーツベルフ)
◎ オフ本のサンプル
ヒカリノアリカ 導入部
コノテノナカニ 導入部
◎ 無配とか書きおろしとか
Natürliches tägliches Leben
Vor einer Strategie

 

書簡


お礼画面は気儘更新

 

筆者

別号:
かる
・・・
根っからの創作畑
なので続くか?消えるか?
の無計画出向

バナーほか、こちらから

karucafをフォローしましょう

かるのぴくしぶ

 

月の暦

03 2020/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

 

宝蔵

 

瓦版

創作offline(母家
□ 通販(別窓)
刊行本案内
おかいものかご
■ ダウンロード販売(別窓)
D-5,D-6,D-P

 

携帯版